【Ver.1からの累計アクセス数】
 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>




categories

archives

[食べる:山梨と埼玉のコラボ] 吉田のうどんで、すったてうどんを

0



     
    ============== お知らせ ==============
    オンライン「フルート&ピアノなんでも質問箱」
    どこからでもフルートを楽しもう!

    ●7月11日(土)公演:クライス・フルート・ソロイスツVol.238
    ●7月25日(土)フルートクライス関西大阪レッスンVol.61
    (上記公演の詳細は下方にも掲載してあります)
    ==================================




    吉田うどんですったてうどん

    フルートの生徒さんで脚本家でもあるハズさん(因みに、奥様もフルートでワイフさん)から、「吉田のうどん手に入りましたよ」と連絡が。そりゃあ、、もう、即行で受け取りに行って参りました。

    「吉田のうどん」とは、富士山の麓、山梨県富士吉田市を中心とする地域の伝統ある郷土料理のうどんのことで、私ももう随分昔からわざわざ富士吉田までうどんを食べに行ったりしていたんです。富士吉田では冠婚葬祭なんでもシメはうどんと言う土地柄で、そもそもは農家が昼間だけ自宅の居間を開放して提供していたもの。店構えは無く暖簾も看板も出ていないので地元民しか知らない、そんなうどん屋さんでした。

    私が気に入っていた「はなや」と言ううどん屋さんは看板こそ出ていたものの、店主の自宅の広間を開放した伝統的な佇まいで、若女将が赤ん坊を背負って「ちょっとごめんなさい」などと言いながら、うどんをたべている広間のタンスからタオルなどを出していったりしていた。

    食べ方は「湯盛り」と「ざる」のみ。メインは湯盛りで、いわゆる釜揚げうどんで、何玉も茹でられた白濁した茹で汁で満たされた丼の中に太打ちでコシの強いうどんが沈んでいる。味付けは卓上の生醤油と「すりだね」と呼ばれる味噌と唐辛子で調味された辛い薬味を加えて豪快に食べる。葱と鰹節だけをトッピングするという極めてシンプルなうどんで、麺そのものを楽しむ極上のうどんなのだ。

    現在このような「湯盛り」を提供するお店は少ないように感じられ寂しい限りだ。私が唯一知っているのは富士吉田から大月寄り(東京寄り)にちょっと行った都留市にある「みやふじうどん」しか知りません。みやふじうどんさんのメニューは湯盛りのみという潔さ!最近ではキャベツや桜肉が盛られた肉うどんが吉田うどんの基本となっている中で、何だか嬉しくなります。

    吉田うどんですったてうどん

    こちらが頂いた吉田のうどん、昔よく行った「はなや」さんや「みやふじうどん」さんよりはやや細打ちの麺。850g入りと標準的には4人前の分量で、生で850gですから茹でればそれ以上になりますから心ゆくまで食べることが出来る量です\(^O^)/

    吉田うどんですったてうどん

    袋を破ると麦の香りがムワーっと立ち上りテンションが上がります。茹で時間は、家庭の火力で、また吹きこぼれないようにやや押さえた火力では15分ほどの茹で時間。この麺、美味しい!!

    吉田うどんですったてうどん

    今日も暑かったので冷たいうどんで食べたくなり、作ったばかりのいりこ出汁で、とも思ったんですけど、そろそろ「すったて」の情報がちらほら、さっそくに作って見ました。

    「すったて」とは埼玉県比企郡川島町(さいたまけんひきぐんかわじままち)の伝統的な郷土料理で、農家がうどんを打ち、自分の畑で取れた野菜とお味噌や胡麻を一緒に摺って、「摺り立て」を食べたことからその名が付いたそうです。

    すり鉢でから煎りした白ごまを摺り、そこへお味噌、千切りの大葉と茗荷を加えで摺るように混ぜていきます。よく混ざったら薄切りのきゅうりも加え、軽く摺るように押しつける様に混ぜ、少々のお出汁とお水、お砂糖を加えてよく混ぜれば完成です。今回はいりこ出汁(返しで味付けしてある)とお水で作りましたが、単にお水だけで作るのが伝統的な様です。

    冷や汁とよく似ていて、川島町でも「ひやじる」と呼ぶこともあるそうで、宮崎の冷や汁同様ご飯にかけて食べることも多いそうです。確かに、絶対に美味しいでしょうね!川島町のすったては魚などは入れずお味噌もそのまま生で作るのが標準的なようですが、宮崎の冷や汁は炙った鯛や鰺などの魚と炙って香りを引き立てたお味噌で作る、というのが大きな違いですね(こんな感じ)。宮崎の冷や汁でうどん、これも美味しそう!

    吉田うどんですったてうどん

    すったて汁は濃い目に作っておき、食べるときにお汁を入れる小鉢に氷を浮かべるとキ〜ンと冷えて旨旨ですよ。きゅうりや、特に茗荷と大葉は多めが美味しいです。今回はきゅうり1本、茗荷6本(2パック)、大葉20枚を入れました。

    吉田うどんですったてうどん

    そして、吉田うどんと言えば外せないすりだね(これ、とか、これ)も薬味として添えました。上記画像の左側の色の濃いすりだねは私の自家製、右の赤いのはこげらさんで分けて頂いた売っているすりだねです。

    すったては刺激の弱い優しいつけ汁ですが、ここは山梨と埼玉のコラボ、食べ進んだ途中ですりだねを加えて味に変化を付けるのも楽しいですね!!これからの季節、冷たいすったて、旨旨ですよ〜(^^)v






     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜

     



     

     


    オンラインレッスン・ロゴ
     

    ↑ クリック下さい! 


    ・長年Web上でフルートとピアノの悩みを解決してきたノウハウをオンラインで!
    ・過去の実績からSkype、または、LINEを使用します。
    ・自宅PCでも、外出先のスマホからでも気軽に受講出来ます(Wifi環境推奨)。
    ・上坂、近藤のレッスンが初めての方、初回無料体験レッスン(30分)。
     2回目からは有料。30分から始められます。
     30分以上は10分単位でご希望のレッスン時間を選べます。
    ・上坂考案のメソードが詰まったテキスト進呈。
    詳細はこちらから!

    ・Mobile
     オンライン「なんでも質問箱」QR



     

    ==============================

     





     

     

    <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


    Vol.238「ヴィルトゥオーゾ・フルート・VI」


    ◆日 時:2020.7/117:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子有松 栞川上 葉月
         Pf.近藤 盟子
    ◆お話し:大竹 亮

    Facebook

    ◆Mobile

     QR238

    ◆プログラム:Webサイト

     ・モーツァルト:きらきら星変奏曲(4Fl+Pf)
     ・ドヴォルザーク:スラブ舞曲より、ホ短調Op.46-2、ホ短調Op.46-7(4Fl+Pf)


    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−
     

     

     ・アーン:ロマネスク(2Fl+Pf、川上、上坂)
     ・ブラームス:ハンガリー舞曲より(2Fl+Pf、有松、平野)
     ・ボノー:デヴェルティスメント(4Fl+Pf)


    Vol.236-238フライヤー
     

    ↑ クリック下さい! ↑




     

    ==============================

     




     

    <<フルートクライス関西・大阪レッスン>>


    ◆フルートの神髄に触れよう!
    フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.61
    ◆2020年7月25日(土)

     KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
    ◆Vol.59の様子
     こちらからご覧下さい。
    スマホはこちらのQRコードから
     大阪レッスンQR
     

    大阪レッスンロゴ
     

     

    ↑ クリック下さい! 




    JUGEMテーマ:グルメ

     

    JUGEMテーマ:うどん

    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育


    コメント
    コメントする