【Ver.1からの累計アクセス数】
 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>




categories

archives

[クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」へ向けてどうやって練習しているかというと:その4〜本日の旨旨飲み

0

    <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


    Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」


    ◆日 時:2020.2/237:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     ソロイスツ235QR

    ◆プログラム:Webサイト

     ・ヘンデル:トリオソナタ 変ロ長調 Op.5-7/HWV.402(2Fl+Pf)
     ・ヘンデル:フルートと通奏低音の為のソナタ ロ短調 Op.1-9/HWV.367b(Fl+Pf、平野)

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−


     ・J.S.バッハ:ソナタ ハ短調 BWV.1017(原曲:ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ)
     ・ヘンデル:チェンバロのための組曲第5番 HWV.430(ピアノ独奏、近藤)
     ・ヘンデル:トリオソナタ イ長調 Op.5-1/HWV.396(2Fl+Pf)

     

    *********************************

     今回の私の使用楽器は、頭部管銀製、他部分は洋銀製に銀メッキというエントリーモデルです。エントリーモデルとは言っても設計は総金製やプラチナ製の高額楽器と同じで、単に素材が違うと言うだけのプロの使用に全く問題なく対応出来る素晴らしい楽器です。

     材質は優劣では無く個性の違いであり、好みや音楽的な趣味によってチョイスされるのです。不当に低く見られがちな洋銀製の楽器でも素晴らしい音楽を奏でられるという事を示したいと思っています。ただ、銀や金の楽器が必要無いという意味ではありません。それらの楽器は洋銀製の楽器よりも優れた性能も持ち合わせています。どの材質をチョイスするかは、奏者の好み、使用するシチュエーションで大きく違ってきます。

     広く大きなホールが主なら金やプラチナ製の楽器が有利ですし(いわゆる「遠鳴り」的に)、小さい会場が主の場合はどんな素材でも不安はありません。もちろん音色や吹き心地の好みで小さいホールで金やプラチナ製の楽器を使うことは当たり前に良くあることです。今回はヘンデルやバッハの表現手法の観点から洋銀製の楽器を使いたくなりました。

    *********************************


    Probe235〜4日目

    明後日のソロイスツへ向けての最後の合わせです。あとは、当日に確認程度の合わせで本番に挑みます。

    合わせはいくらやっても、これで良い、とはなりません。合わせれば合わせるほど理解が深まり新たな先が見えてくるからです。しかし、本番はやって来ます。本番に現在のベストが尽くせるよう高度な意味での妥協も必要です。その妥協点を見いだすことは重要で見いだせれば幸せな事なのですね。今日は、そんな妥協点を決定することが出来ました。本番が楽しみです。


    <本日の賄い>

    Probe235〜4日目

    練習お疲れです。
    景子ちゃんがソロを合わせている間に賄いをちゃちゃっと作りましたよ。

    Probe235〜4日目

    本日のメニューは生姜ごはんと鶏胸肉とカラーピーマンのぶんぶん醤油炒めです。

    Probe235〜4日目

    研いだ白米3合に市販の十六穀(押麦、黒米、白麦、もち米、黒豆、小豆、焙煎発芽玄米、発芽玄米、たかきび、はと麦、緑米、赤米、アマランサス、米粒麦、もちきび、ひえ)60gを加え、生姜の千切りたくさん、油抜きした油揚げ2枚(細短冊切り)をうどん用に作ってあったいりこ出汁で炊いていきます。炊けたらお茶碗によそい、千切りの生姜と大葉を飾って旨旨です。ほんのりいりこ出汁の風味が心地イイ。

    Probe235〜4日目

    こちらは鶏胸肉とカラーピーマンのぶんぶん醤油炒めです。

    鶏胸肉は皮を剥いで細切りにし、お酒と片栗粉で下味を付けておきます。ぶんぶんにんにくぶんぶん生姜で炒めたら一旦取り出し、フライパンをさっと拭き取りオリーブオイルを足してピーマンを強火でささっと炒め塩胡椒で下味を付けます。鶏肉を戻し炒め合わせたら、鍋縁から返しを回しかけて完成です。これ、シンプル味付けですけど旨旨ですよ〜\(^O^)/

    さあ、明後日目指して頑張りましょう!!


    <本日の旨旨飲み>

    ムラマツ、伊藤、丹下、飲み

    久々の飲みでありました。右からムラマツ新宿店長の丹下さん、頼れる後輩の伊藤君です。丹下さんは弘前でのイベント新宿でのイベントでも大変お世話になっています(本年4月19日(日)のイベントでもお話し頂きますよ!)。伊藤君は東京だけで無く酒田でのイベントサマーキャンプでもお世話になっている頼れるリペアマンです。昨年の大発表会Vol.29でも調整で大変お世話になりました

    ムラマツ、伊藤、丹下、飲み

    そんな今日は和食屋さんで旨旨です。まずはビールで締め鯖などを( ^_^)/□☆□\(^_^ )

    ムラマツ、伊藤、丹下、飲み

    揚げ物なども挟みつつ、刺し盛りで日本酒へスイッチ。頂いたのは福井のお酒「花垣〜純米無濾過生原酒」、旨味がガツンときますが後味スッキリ、また違った旨味の余韻に浸れます。花垣の次は、山形県天童市の出羽桜酒造「桜花吟醸酒」を。スッキリ爽やかで旨旨でした\(^^@)/


    ムラマツ、伊藤、丹下、飲み

    シメは、土鍋で炊いた鯛ご飯ヽ(^。^)丿
    お腹一杯、楽しいひとときでした。ありがとうございます。






     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜



     

     

    <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


    Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」


    ◆日 時:2020.2/237:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     ソロイスツ235QR

    ◆プログラム:Webサイト

     ・ヘンデル:トリオソナタ 変ロ長調 Op.5-7/HWV.402(2Fl+Pf)
     ・ヘンデル:フルートと通奏低音の為のソナタ ロ短調 Op.1-9/HWV.367b(Fl+Pf、平野)

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−


     ・J.S.バッハ:ソナタ ハ短調 BWV.1017(原曲:ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ)
     ・ヘンデル:チェンバロのための組曲第5番 HWV.430(ピアノ独奏、近藤)
     ・ヘンデル:トリオソナタ イ長調 Op.5-1/HWV.396(2Fl+Pf)


    ソロイスツ・フライヤー233-235
     

    ↑ クリック下さい! ↑




     

    ==============================




     

    <<フルートクライス関西・大阪レッスン>>


    ◆フルートの神髄に触れよう!
     フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.58
    ◆2020年1月25日(土)

     KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
    ◆Vol.57の様子
     こちらからご覧下さい。
    スマホはこちらのQRコードから
     大阪レッスンQR
     

    大阪レッスンロゴ
     

     

    ↑ クリック下さい! ↑


     

    JUGEMテーマ:グルメ

    JUGEMテーマ:韓国料理!

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育

     


    コメント
    コメントする