[ソロイスツ] Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」へ向けてどうやって練習しているかというと、その1

0

    <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


    Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」


    ◆日 時:2020.2/237:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     ソロイスツ235QR

    ◆プログラム:Webサイト

     ・ヘンデル:トリオソナタ イ長調 Op.5-1/HWV.396(2Fl+Pf)
     ・ヘンデル:フルートと通奏低音の為のソナタ ロ短調 Op.1-9/HWV.367b(Fl+Pf、平野)
     ・ヘンデル:チェンバロのための組曲(ピアノ独奏、近藤)

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−


     ・J.S.バッハ:ソナタ ハ短調 BWV.1017(原曲:ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ)
     ・ヘンデル:トリオソナタ 変ロ長調 Op.5-7/HWV.402(2Fl+Pf)


    ソロイスツVol.235Probe

    来月2月23日(日)19時開演、ソロイスツVol.235のテーマはヘンデルです。2曲のトリオソナタにフルートのソナタ、ピアノ独奏とヘンデルを堪能頂きます。同郷で同い年の音楽家J.S.バッハの作品も比較演奏致します。

    ヘンデルのフルートソナタ(リコーダーも含む)は、ベーレンライター社から11のソナタ(8曲のソナタと3曲のハレソナタ)が出版されていて、バロックの、と言うよりもフルートのレパートリーとして以前より親しまれてきました。対してトリオソナタはモダーン奏者の世界ではソロのソナタほど演奏されません。その理由の一つにバッハのように楽器指定がフルート2本では無くフルートとヴァイオリン指定が多いことが上げられると思います。単に、ヴァイオリンではフルートで出せない音があるという理由だけでは無く、発音、音色、音の広がりの違いから来る音楽の方向性が管楽器とは大きく違うため、と言うのも演奏されない大きな理由でしょう。

    でも、それは現代に限った話し、ではないかと思うのです。
    理想的には作曲家の楽器指定がベターだと思うのですが、300年前当時の慣習からすれば必ずしも指定楽器で演奏されるとは限らないことを作曲家自身は重々承知していたはずで、だからこそ当時よりも発音や音量、音色の多様性で優れる面もあるモダーン楽器での演奏は正当化されているわけです。

    とは言え、フルートで出せない低音が多く出てきてその対策に苦慮することもしばしばです。フルートでは演奏不能な低音が、高音から下降していく(下降すること自体が重要な)事を求められるのならオクターブ操作で何とかなります。多少和声の中で代替え音をチョイスすることも許されるでしょう。しかしそれが低音独特の倍音を持った音そのものが目的だった場合、大きく悩むことになります。オクターブ上げて吹けば良いと言うものではありません。やはり、音型を極めて気にして考え、ベストな変換を見つけ出し無くてはいけませんね。その場合、相手のパートにも手を入れることも多々あります。

    全員での合わせ練習はまだちょっと先ですが、その合わせの時に考えが確立出来る様練習しているところです。

    ソロイスツVol.235Probe

    そんな中、フルートの栞ちゃんがやって来ました。お土産はベークチーズタルト、タルトが美味しいチーズケーキです\(^O^)/ あ、そんな話しでは無く、5月以降のソロイスツで再び共演しますので、その相談も。美味しく相談できました( ̄。 ̄;)


    <本日の生徒>

    本日の生徒

    品川レッスンの帰り、いつものように特急に乗るべく東京駅ホームでビールを買っていると、、、向かいから歩いてくる見覚えある顔。あ、あいつ、生徒のN.ダンナじゃん!私がこの時間の特急に乗ることを知っていて、出張帰りに狙っていた模様。

    となれば、

    本日の生徒

    N.ダンナもビールを買い(ちゃんと同じ銘柄!)、座席を私の隣に変更してしばしの飲みタイムとなったのでありました(^o^)


    <本日の玉ねぎ>

    玉ねぎのオムレツ、スープ、酢漬け

    N.ダンナの奥さんから頂いた淡路名産の玉ねぎ、先日は美味しいチヂミにして頂きました。今回はオムレツとスープです。

    玉ねぎのオムレツ、スープ、酢漬け

    シンプルに玉ねぎだけでも美味しいのですが、今回はしめじとにんじんも加えました。主役の玉ねぎをたっぷり入れて、甘く旨旨です。

    玉ねぎのオムレツ、スープ、酢漬け

    そしてスープ。色濃く出来上がりましたが、この色は天然の玉ねぎ由来の色なのです。玉ねぎの通常捨てる外側の茶褐色の薄皮を洗い、その薄皮を散らないようにやはり薄皮で束ね出汁を取ります。玉ねぎの薄切りを入れて火が通ったらお塩で味付け、それだけです。お塩は、玉ねぎ(大)1個分ののスライスでスープになるお湯の量に対して小さじ1/2から多くても2/3程で一つまみでも旨旨、薄味が良いですよ、玉ねぎの美味しさを堪能出来ます。

    そして、、、

    玉ねぎのオムレツ、スープ、酢漬け

    思い付いて酢漬けです。
    普通の穀物酢にハチミツ(無ければお砂糖)なのですが、今回は北海道産のピートオリゴ(てん菜のオリゴ糖)を使いました。ピートオリゴ、見た目は透明度を増したハチミツのようで、味は淡泊なハチミツという感じです。

    玉ねぎのオムレツ、スープ、酢漬け

    シャキシャキ、酸っぱ甘で旨旨ですヽ(^。^)丿






     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜



     


     

    <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


    Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」


    ◆日 時:2020.2/237:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     ソロイスツ235QR

    ◆プログラム:Webサイト

     ・ヘンデル:トリオソナタ イ長調 Op.5-1/HWV.396(2Fl+Pf)
     ・ヘンデル:フルートと通奏低音の為のソナタ ロ短調 Op.1-9/HWV.367b(Fl+Pf、平野)
     ・ヘンデル:チェンバロのための組曲(ピアノ独奏、近藤)

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−


     ・J.S.バッハ:ソナタ ハ短調 BWV.1017(原曲:ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ)
     ・ヘンデル:トリオソナタ 変ロ長調 Op.5-7/HWV.402(2Fl+Pf)


    ソロイスツ・フライヤー233-235
     

    ↑ クリック下さい! ↑




     

    ==============================




     

    <<フルートクライス関西・大阪レッスン>>


    ◆フルートの神髄に触れよう!
     フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.58
    ◆2020年1月25日(土)

     KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
    ◆Vol.57の様子
     こちらからご覧下さい。
    スマホはこちらのQRコードから
     大阪レッスンQR
     

    大阪レッスンロゴ
     

     

    ↑ クリック下さい! ↑




    JUGEMテーマ:グルメ

    JUGEMテーマ:鉄道・駅

    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:ビール

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育


    コメント
    コメントする