[クライス行事] 12月22日(日)開催、大発表会Vol.29へ向けてどうやって伴奏合わせをしているかというと〜その3

0

    品川伴奏合わせレッスン

    本日、品川組の伴奏合わせ最終日です。
    まずはメルボニ、そしてベートーヴェンです。

    メルボニのアンサンブルは、オリジナルがフルート、ホルン、ピアノ特編成で、ホルンの響きが曲全体を支配する幻想的で素敵な作品なんです。そのホルンパートをアルトフルートに置き換えての演奏となります。生徒さんの所有でする総銀製+プラチナメッキの強靱で柔軟な響きはホルンの代役を見事に務め、ホルンではなくアルトフルートの為の作品として曲作りすることが可能です。これは絶対にオススメの作品ですよ。

    品川伴奏合わせレッスン

    今日は夕方からのレッスンでしたので、あっと言う間に真っ暗に。レッスンをしている部屋だけが煌々と強い光を放っています。

    品川伴奏合わせレッスン

    そしてこちらの生徒さんは、チマローザの協奏曲のあと、

    品川伴奏合わせレッスン

    ジューマンに挑戦、フィナーレでは第4オクターブのCisが出てきて弾けております( ̄∇ ̄)このシューマンのオリジナルはクラリネットですが、チェロでもフルートでも良く演奏される名曲です。未経験の方、今すぐ楽譜を買いに行きましょう!!!





     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜




     

    <<フルートクライス・大発表会Vol.29>>


    ◆日 時:2019.12/2210:30a.m.開演(10:00p.m.開場、終演20:10予定)

    ◆会 場:ひの煉瓦ホール(日野市民会館大ホール[1,100席] )
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:無料 出入り自由
    ◆出 演:Fl.上坂 学 Pf.近藤 盟子

    ◆Mobile

     大発表会Vol.29QR

    プログラムはこちらからご覧下さい
     

    大発表会Vol.29ロゴ
     

    ↑ クリック下さい! ↑




     

    ==============================




     

    <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


    Vol.234「魅惑の無伴奏の世界」


    ◆日 時:2020.1/187:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     Vol.233QR

    ◆プログラム:Webサイト

     ・J.シュトラウス:こうもり序曲(2Fl)
     ・プチハール:無伴奏フルートの為の「私に(For me)」
           (無伴奏フルート独奏、上坂)

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−


     ・イベール:無伴奏フルートの為の小品(無伴奏フルート独奏、上坂)
     ・フェルー:無伴奏フルートの為の3つの小品(無伴奏フルート独奏、平野)
     ・ボウェン:2本のフルートの為のソナタ(2Fl)


    ソロイスツ・フライヤー233-235
     

    ↑ クリック下さい! ↑




     

    ==============================




     

    <<フルートクライス関西・大阪レッスン>>


    ◆フルートの神髄に触れよう!
     フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.58
    ◆2020年1月25日(土)

     KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
    ◆Vol.57の様子
     こちらからご覧下さい。
    スマホはこちらのQRコードから
     大阪レッスンQR
     

    大阪レッスンロゴ
     

     

    ↑ クリック下さい! ↑




    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック