【Ver.1からの累計アクセス数】
 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>




categories

archives

[クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.233「ザ・プレミアムコンチェルト」へ向けてどうやって練習しているかというと〜その4(旨旨賄い付き)

0

    <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


    Vol.233「ザ・プレミアムコンチェルト」
    ◆日 時:2019.11/3
    7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子 Pf.近藤 盟子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     Vol.233QR

    ◆プログラム:Webサイト

     ・C.シュターミッツ:フルート協奏曲 ト長調 Op.29(Fl+Pf、平野)
     ・C.P.E.バッハ:フルート協奏曲 イ長調 Wq.168/H.438(Fl+Pf、上坂)

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


     ・J.S.バッハ:イタリア協奏曲 BWV.971(ピアノ独奏、近藤)
     ・チマローザ:2本のフルートのための協奏曲(2Fl+Pf)


    Probe233

    本番直前、2回目の合わせです。まずはチマローザから。

    今回演奏する2本のフルートの為の協奏曲は、一世を風靡したと言っても過言では無いチマローザの貴重な器楽作品ですね。バロック時代から脱却したギャラントから古典時代の音楽は、バロック時代の名残を認めつつもより華麗で壮大な音楽が特徴です。オペラ作曲家ならではの歌心は技巧的なセンテンスの合間合間にちりばめられています。

    練習が進むと各奏者の個性がだんだんと強く顔を覗かせてきます。今回の演奏会の為の音楽をすることの「流れ」が出来てきて、つまり、理解が深くなってくるとやりたいこともどんどん湧き出てくるわけです。それはそれでとても貴重な事ですので、どれだけ高次元で融合出来るか、が直前の練習の主な内容となってきます。

    プラス、当日どのような状況でも対応出来る「余裕」を作っておくこと、これ重要です。練習の通りに、は正しい様で間違っている、本番の状況は練習のそれとは大きく違うので、どんなことがあっても(寒いとか暑いとか、お客さんの反応の有無とか、そこにあるだろう何でも!)状況に応じて音楽を創り上げていかなければなりません。そのためには大局的な音楽の流れの把握が必須となってきます。私がこう吹けば相手は好反応する、と言う事などの把握も大切です。

    練習は満足に終えることが出来ました。
    と言う事で、、、


    <本日の賄い>

    Probe233

    ひよこ豆とにんにくの炊き込みご飯、ズッキーニ、マッシュルームと挽肉のカレー炒め(左)、ふわとろにんにくタマゴ(右)であります。

    Probe233

    乾燥ひよこ豆は一晩浸水させ、30分ほど柔らかくなるまで茹でておきます。煮汁は使いますので取っておきます。お米を研ぎ、煮汁と足りなければ水を、お塩少々とお酒1/3カップも加えます。茹でたひよこ豆、にんにくは皮付きのまま房に分け軽く潰しお米の上に乗せて普通に炊きます。

    旨旨ですよ〜。
    全然匂い気になりません、にんにくの風味が素晴らしい。食べながら皮を取り除いてほくほくのにんにくもお楽しみ下さいね!

    Probe233

    おかずその1。

    ズッキーニは輪切りにしてオリーブオイルで軽くソテーし、途中でスライスしたマッシュルームを加え、お塩と胡椒で下味を付けておき一旦取り出します。同じフライパンにオリーブオイルを足し挽肉を炒め、カレー粉(または同様のお好みの香辛料)、ガラムマサラ、お塩で味付けし、ズッキーニとマッシュルームを戻しさっと炒め合わせて完成です。

    Probe233

    おかずその2。

    こちらは大のお気に入り。
    自家製のにんにくのオリーブオイル漬け(みじんぎりのにんにくをオリーブオイルに漬け込んで保存しておくもの、23玉分作りました)をカレースプーン大盛り2杯を冷たいフライパンに敷き香り出しします。溶き卵はお水を少々、お塩少々を加えます。にんにくの香りが立ってきたら卵を流し込み、好みの半熟になるまでそっと撹拌しながら熱を加えていきます。余熱でも火が通りますから、フライパンの中では柔らかい半熟がイイですよ。

    Probe233

    今回卵5つで作りましたが、3個目と4個目に割った卵が連続双子!\(^O^)/

    Probe233

    ご飯にスッキーニ挽肉とタカゴをぶっかけても旨旨です(^o^)






     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜





     

     

    <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


    Vol.233「ザ・プレミアムコンチェルト」
    ◆日 時:2019.11/3
    7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子 Pf.近藤 盟子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     Vol.233QR

    ◆プログラム:Webサイト

     ・C.シュターミッツ:フルート協奏曲 ト長調 Op.29(Fl+Pf、平野)
     ・C.P.E.バッハ:フルート協奏曲 イ長調 Wq.168/H.438(Fl+Pf、上坂)

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


     ・J.S.バッハ:イタリア協奏曲 BWV.971(ピアノ独奏、近藤)
     ・チマローザ:2本のフルートのための協奏曲(2Fl+Pf)


    ソロイスツ・フライヤー233-235
     

    ↑ クリック下さい! ↑





     

    ==============================


     

     

     


     

     

     

    <<フルートクライス関西・大阪レッスン>>


    ◆フルートの神髄に触れよう!
     フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.56
    ◆2019年11月16日(土)・17日
    (日)2日間開催!
     KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
    ◆Vol.55の様子
     こちらからご覧下さい。
    スマホはこちらのQRコードから
     大阪レッスンQR
     

    大阪レッスンロゴ
     

     

    ↑ クリック下さい! ↑




    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育

    JUGEMテーマ:グルメ


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック