【Ver.1からの累計アクセス数】
 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>




categories

archives

今日は銀座とか池袋とか、あれこれ

0

    銀座

    銀座四丁目、ホコ天です。
    今日は山野楽器にフライヤーをお願いしたりちょっと用事があったりと伺ってきました。フルート売り場ではムラマツのフェアが開催されていて、これまでにたくさんお世話になった浦野さんと中村さんが調整会を行っていて、調整をして貰っていた同級生の明子ちゃんとばったり。店内をうろうろしているとフルート奏者の坂本圭ちゃんにもばったり。なんだか楽しい(*^_^*)

    用事を終え、次の現場へ。

    池袋

    今日はプチ池袋組フルートレッスンでありました。
    天気も良く、9階にあるスタジオからの眺めはサイコー、クレーンが無くなってもサイコー。。。正面の黒っぽい高いビルのクレーンは無くなりましたが、その代わりに、

    池袋

    大空を写すキャンバスになっておりました。
    さて、部屋の準備が出来たようです。レッスンへ。

    池袋

    最近ではスタジオのスタッフの皆さんが私のことを覚えて下さり、手続きが済むと「どうぞ」とメトロノームを差し出してくれます。いつも必ず振り子のメトロノームをお借りすることも覚えて下さっています。居心地がイイ\(^^@)/

    今日の演目はドップラーのアンダンテとロンド、そしてフォーレのファンタジー。
    どちらも上級な名曲ですね。多くの生徒さんはテクニックを付けてから演奏しようとしますが、それでは逆で自分の能力を引き出せません。なぜなら「そのテクニックが本当にだと能が感じられない」からなんですね。人間は本当に必要と感じられることしかしない生き物です。いくら良いことと言われていても結果がすぐに得られないと長続きしません(ダイエットのように)。逆に、必要と能が思えば放っておいても勝手に努力し出すのが人間です。音楽の中でのテクニックは、表現しようとして初めてそれを実現させる手段として必要性を感じ、自己の能力を引き出そうとするんです。ですから、テクニックを先に、ではなく、どんな音楽なのか、演奏するあなたがどういう風に演奏したいのか(表現、音色、音程等々)意思が固まって初めて手段としてのテクニック=自分の潜在能力が引き出されるのです。

    そういう意味において、ドップラーもフォーレも難しい曲なのですが、人間の能力の範囲内で作曲されている曲ですので、努力していけば必ず演奏出来る様になる作品なのです。

    毎回そんなレッスンをしていますが、時間はあっと言う間に過ぎ、

    池袋

    部屋を出て外を眺めると、街は完全に夜。
    夜ですが人が一杯、今日の池袋はとても混んでいました。

    ということで、、、

    池袋

    ビールでお疲れ様です。
    アヒージョとかフィッシュ&チップスとか、ヘルシーメニュー( ̄。 ̄;)と一緒に。何だか長い一日もこれで閉店ガラガラ〜です。


    <本日のてくてく>

    てくてく

    踏切を渡っててくてくお家へ〜。
    街灯に誘われ、線路の上を歩きたくなっちゃう。






     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜





     

     

    <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


    Vol.233「ザ・プレミアムコンチェルト」
    ◆日 時:2019.11/3
    7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子 Pf.近藤 盟子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     Vol.233QR

    ◆プログラム:Webサイト

     ・C.シュターミッツ:フルート協奏曲 ト長調 Op.29(Fl+Pf、平野)
     ・C.P.E.バッハ:フルート協奏曲 イ長調 Wq.168/H.438(Fl+Pf、上坂)

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


     ・J.S.バッハ:イタリア協奏曲 BWV.971(ピアノ独奏、近藤)
     ・チマローザ:2本のフルートのための協奏曲(2Fl+Pf)


    ソロイスツ・フライヤー233-235
     

    ↑ クリック下さい! ↑





     

    ==============================


     

     

     


     

     

     

    <<フルートクライス関西・大阪レッスン>>


    ◆フルートの神髄に触れよう!
     フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.56
    ◆2019年11月16日(土)・17日
    (日)2日間開催!
     KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
    ◆Vol.55の様子
     こちらからご覧下さい。
    スマホはこちらのQRコードから
     大阪レッスンQR
     

    大阪レッスンロゴ
     

     

    ↑ クリック下さい! ↑




    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育

    JUGEMテーマ:ビール

    JUGEMテーマ:グルメ

    JUGEMテーマ:鉄道・駅


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック