【Ver.1からの累計アクセス数】
 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>




categories

archives

[風景&食べる] 夕暮れ時は寂しそう〜バッハ、そして旨旨肉巻き

0

     

    品川夕景

    この季節になると夕方からのレッスンが始まる頃には陽が沈み、何だか寂しい感じと、もうすぐ定時で仕事を終える大多数の方達の中、これから仕事って、、、という違和感みたいな感覚が未だに抜けません。陽の短い季節の夕暮れ時は寂しそうですから。

    この1960年代〜70年代のフォークソングって、どこか夢が無く暗い感じがあってやりきれない感覚になるのですが、そこが好き、と言うのは昭和生まれだからでしょうね。歌っているN.S.P.は「New Sadistic Pink」の略なのだそうですね。Wikiを見ていたらNSPの新解釈ゲームで「ネコ・サル・ペンギン」が優勝したそうで、そんなので?とは多くの方が感じるかも、、、我々音楽人なら「Nanaka・Shigoto・Please」でしょうな!

    と、またもや昭和な事を言って、レッスンへ。
    レッスンの合間とレッスン後に少しだけ練習。

    グールドのCD

    来週末に迫ったソロイスツVol.233で演奏するC.P.E.バッハとチマローザの協奏曲を。そして、来年2月が本番なのですが年末の大発表会Vol.29の講師演奏でも取り上げようかと考えているバッハのソナタもちょっと練習しました。

    ソナタ ハ短調 BWV.1017はヴァイオリンとオブリガート・チェンバロのための作品ですが、フルートで演奏してもサイコーに素敵なソナタです。第1楽章は6/8のLargoなんですが「シチリアーノ」と明記された録音が殆どで、しかし、楽譜には特にその様な断りはありません。シチリアーノとして演奏するLargoとそうでは無いシンプルなLargoとではテンポ感が全然違ってきます。私はシチリアーノとして捉えることは無く、当時の教会ソナタ形式の第1楽章として演奏したいと考えていますので、巷に溢れている速めのテンポ設定は好まず極めてゆっくり演奏しようと考えています。その方がこの曲の緊張感や和声のきめ細やかな流れ、音程感をより良く表現出来ると思うからです。

    そんなバッハの演奏でダントツに好きなのが天才グールドが伴奏している上記の録音。ぽこぽことしたアルペジオ、止まりそうなテンポ感、どれも素敵です。グールドと言えば生演奏の場から完全に消え録音の世界に生きたピアニスト。顎が乗るんじゃ無いかと思うほど低くセッティングされた椅子に座り、唸りながら演奏するスタイルは独特の物です。ピアノの調律には無頓着で、音程にうるさい人をあざけり笑うかのように少々狂っていてもお構いなし。楽譜に運指が印刷されていればそれらを全て消してから演奏するというエピソードも有名ですね。音楽の本質に迫る音楽家と言って過言では無いと思っています。そんな個性的な音楽家になりたいです。


    <本日の旨旨>

    肉巻き

    こちら、数日前に作った物ですが、冷蔵庫に牛蒡と人参が余っていたので豚肉を買ってきて作った肉巻き照り焼きです。実は「肉巻き」って初めて。

    肉巻き

    細切りにした牛蒡は酢水にさらし、細切りの人参と一緒に薄切りの豚肉でくるくる巻いていきます。お肉の表面に片栗粉を薄くまぶし、オリーブオイルでソテーします。表面全体の色が変わったら白ワインを降って蒸し焼きに。火が通ったら、お醤油、味醂、お砂糖の合わせ調味料をたっぷりかけ照り照りになったら完成です。

    肉巻き

    牛蒡も人参もシャキシャキ歯応えがあって旨旨ですよ〜\(^O^)/





     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜





     

     

    <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


    Vol.233「ザ・プレミアムコンチェルト」
    ◆日 時:2019.11/3
    7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子 Pf.近藤 盟子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     Vol.233QR

    ◆プログラム:Webサイト

     ・C.シュターミッツ:フルート協奏曲 ト長調 Op.29(Fl+Pf、平野)
     ・C.P.E.バッハ:フルート協奏曲 イ長調 Wq.168/H.438(Fl+Pf、上坂)

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


     ・J.S.バッハ:イタリア協奏曲 BWV.971(ピアノ独奏、近藤)
     ・チマローザ:2本のフルートのための協奏曲(2Fl+Pf)


    ソロイスツ・フライヤー233-235
     

    ↑ クリック下さい! ↑





     

    ==============================


     

     

     


     

     

     

    <<フルートクライス関西・大阪レッスン>>


    ◆フルートの神髄に触れよう!
     フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.56
    ◆2019年11月16日(土)・17日
    (日)2日間開催!
     KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
    ◆Vol.55の様子
     こちらからご覧下さい。
    スマホはこちらのQRコードから
     大阪レッスンQR
     

    大阪レッスンロゴ
     

     

    ↑ クリック下さい! ↑



     

    JUGEMテーマ:風景写真

    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック