【Ver.1からの累計アクセス数】
 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>




categories

archives

[ジャズライブ] TRIchrO JAPAN TOUR 2019 "GAVITY"

0

    <TRIchrO JAPAN TOUR 2019 "GAVITY">


    ●2019.9月14日(土) 13:30 Start(13:00 Open)
    ●at 青山ライブスペース ZIMAGINE
    ●MC:¥2,500−(当日¥3,000−)
        別途ドリンク1オーダー
    フライヤー両面拡大画像
    ●Player
     <TRIchrO
      ヤマキエリコ(Pf)
      Mark Fairweather(Dr)
      David Mercure(Bs)
     <Guest>
      上坂 学(Fl)
      平野 景子
    (Fl)



    <本日のステージリハ>

    トライクロ2019

    今年TRIchrO(トライクロ)ツアーは東京青山、横浜、大阪、京都、奈良、神戸、名古屋をまわる8公演。青山での最後のトライクロ公演にゲスト出演させて頂きました。会場は昨年同様青山のライブハウスZIMAGINEです。トライクロとの共演は2度目となります。8月〜9月はちょっとタイトなスケジュールでしたが、リハーサルを含めてとても楽しみにしていた時間です。

    トライクロ2019

    ZIMAGINEは煉瓦デザインのお洒落なライブハウスで、自動演奏やCD再生機能付きのヤマハのグランドピアノ、ベースやギター用のPA、ドラムセットが備わっていて、クラシックの舞台から見えれば結構タイトな空間です。我々クラシック奏者とのコラボという企画ですのでアコースティックなサウンドが基調ですが、曲によってはマイクを通した演奏となります。今回は普通のフルート以外にアルトフルートとピッコロも持ち替えという日頃は滅多に無いアクション、それもアルトフルートは2人で共用と言う事もあってスタンドを導入、これ、使えますね!(今更ですが初めて使うのです)。


    <本日の1st.ステージ>

    トライクロ2019

    トライクロのライブではありますが、Erikoのオリジナル全11曲中10曲は我々ゲストプレーヤーも演奏します。リハも素晴らしかったですけど、やはり本番は良いですね!Openソロもリハとは比べものにならない格好良さ。ベースの様々なテクニック、ドラムスのハイテンション、その後に吹く自分のそろも影響されてテンションがあがります。

    セットリストは以下の通りでした。

    <1st.ステージ>
    ・Lydian Waltz(w/2Fl)
    ・Sonorite(w/2Fl、アルトフルート持ち替え)
    ・New Life(w/2Fl)
    ・It's about time(w/2Fl)
    ・Summer Sizzle(w/2Fl、ピッコロ持ち替え)

    <2nd.ステージ>
    ・Morningside Heights
    ・Etude(w/2Fl)
    ・Red Sox(w/2Fl)
    ・Gravity(w/2Fl)
    ・Bateria(w/2Fl)
    ・Lullaby(w/2Fl)



    <本日のBreak Time>

    トライクロ2019

    がっきーと行くうどんツアー部員( ̄∇ ̄)のあらぱんとカズネ、

    トライクロ2019

    クニタチの同級生達、

    トライクロ2019

    生徒さんとそのお友達、嬉しい顔ぶれ。もの凄くビール飲みたかったですけど、血行が良くなると唇のコンディションが変わってしまうので我慢です。゜(゜´Д`゜)゜。


    <本日の2nd.ステージ>

    トライクロ2019

    2nd.1曲目はトライクロでMorningside Heights。これ、昨年はフルート入りだったんですよね〜、お気に入りの1曲です。また一緒に吹きたいなあ。

    トライクロ2019

    我々クラシック奏者のためにOpenなセクションも基本的な音は書いてくれているのですが、「伸ばしたり上げたり下げたり、何をやっても良いからね」と言うお約束、まあ、声使ったりフラッター足したりポルタメントやってみたり、本番の中その時思い付いたことも織り交ぜながら楽しくフルート吹けました(^o^)

    トライクロ2019

    終演後の記念撮影、左からDavid、私、Eriko、景子、Markです。


    <本日の打ち上げ>

    トライクロ2019

    明日はソロイスツの本番なので、練習のために最初は帰ろうかともちょっと考えていたんですけど、やっぱりね、この時間は大切ですよ。今年は出演者だけでカジュアルに色々話が出来ました。撮ってあったビデオを見ながら感想を言い合ったり、日本食の話し(Markは特に浅草の鰻が美味しいと言っていた)等々。

    トライクロ2019

    このお店は昨年も寄ったお店で食べ物も美味しいんです。でも「昨年からだと大分メニュー変わりましたよ」ということであれこれオーダー。このサラダにはバテもトッピングされていて美味しかった。


    トライクロ2019

    そして、アメリケーヌ・ソースたっぷり蟹のオムレツです。とにかくアメリケーヌがサイコーに旨旨で、ソースも全て頂きました。

    今日のライブはマチネーだったので、打ち上げが終わって外へ出てみてもやっと日が暮れ始めたというタイミング。トライクロの3人は東京最後の夜だと言うことで、ジャムセッションに行くと言っていました。何でも知り合いのジャムセッション専門みたいなライブハウスがあるんだとか。好きなんですねえ、音楽が!是非また共演したいと願っています。幸せな時間をありがとう。







     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜





     

     

    <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


    Vol.232「ヴィルトゥオーゾ・フルートII」
    ◆日 時:2019.9/15
    2:30p.m.開演(2:00p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥2,500− 高校生以下¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子双木 千鶴 Pf.近藤 盟子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     Vol.232QR

    ◆プログラム:Webサイト *曲順を一部変更しました

     ・コレット:コンチェルト・コミック ハ長調「マルゴトン」Op.8-3(3Fl+Pf)
     ・ドップラー:2FlとPfのためのソナタ Op.25(2Fl+Pf、上坂、平野)

           (3楽章は有名なアンダンテとロンド)
     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


     ・アンデルセン:軍隊風アレグロ ホ長調 Op.48(2Fl+Pf、双木、上坂)
     ・ドロステ=ヒュルスホフ:3FlとOrchのための協奏交響曲 ニ長調(3Fl+Pf)


    ソロイスツVol.230-232フライヤー
     

    ↑ クリック下さい! ↑





     

    ==============================


     

     



     

    <ソロイスツ弘前公演Vol.4>


    弘前Vol.4
     

    ↑ 両面拡大表示−クリック下さい ↑


    今年も弘前で活躍するフルート奏者・工藤 千尋さんをお招きして「セ・バ・フランス(津軽弁で「さあ、フランス」)」と題し、バロックから20世紀までのフランス音楽を特集します。昨年の様子をご覧下さい





     

    ==============================






     

     

     

    <<フルートクライス関西・大阪レッスン>>


    ◆フルートの神髄に触れよう!
    フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.55
    ◆2019年7月28日
    (日)
     KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
    ◆Vol.54の様子
     こちらからご覧下さい。
    スマホはこちらのQRコードから
     大阪レッスンQR
     

    大阪レッスンロゴ
     

     

    ↑ クリック下さい! ↑

     



    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:ジャズ

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育

    JUGEMテーマ:ビール

    JUGEMテーマ:グルメ


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック