【Ver.1からの累計アクセス数】
 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>




categories

archives

[クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.232「ヴィルトゥオーゾ・フルートII」へ向けてどうやって練習しているかというと〜その2

0

    <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


    Vol.232「ヴィルトゥオーゾ・フルートII」
    ◆日 時:2019.9/15
    2:30p.m.開演(2:00p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥2,500− 高校生以下¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子双木 千鶴 Pf.近藤 盟子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     Vol.232QR

    ◆プログラム:Webサイト *曲順を一部変更しました

     ・コレット:コンチェルト・コミック ハ長調「マルゴトン」Op.8-3(3Fl+Pf)
     ・ドップラー:2FlとPfのためのソナタ Op.25(2Fl+Pf、上坂、平野)
           (3楽章は有名なアンダンテとロンド)
     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


     ・アンデルセン:軍隊風アレグロ ホ長調 Op.48(2Fl+Pf、双木、上坂)
     ・ドロステ=ヒュルスホフ:3FlとOrchのための協奏交響曲 ニ長調(3Fl+Pf)



    Probe232、2回目
     

    ど〜ん!



    さあ、練習2回目始めますよ!

    Probe232、2回目

    プログラム順に、まずはコレットから。1st.は景子ちゃんです。
    バロックのアンサンブルですので、様式感、音程の取り方、装飾の付け方を統一する必要があります。練習も2回目ですから、今日は通すよりも細かくチェックしていく練習になります。

    Probe232、2回目

    1st.と3rd.が入れ替わってドロステ=ヒュルスホフ、古典時代以降の協奏曲としては珍しい3本のフルートの為の作品です。オケの部分(当然ピアノで弾きます)のイントロや間奏もしっかりとある古典様式、華やかな中にもしっかりとした構成が盛り込まれた協奏曲です。美しい2楽章に続く3楽章のロンドは結構技巧的で楽しめますよ。

    Probe232、2回目

    練習が終わったら賄いも食べずに帰らなければならない千鶴ちゃんと、先にアンデルセンを合わせます。昨日も書きましたが、総金製の楽器で華やかに吹く1st.の千鶴ちゃんにしっかりと付いて行き、時には2nd.の私から音楽的に煽っていかなくてはなりません。その辺がアンサンブルの醍醐味なんですよね。練習でいくら打ち合わせしておいても本番ではどうなるか分からない、これもアンサンブルの醍醐味、と言うか、演奏者サイドとしては楽しくも緊張する要素でもあります( ̄。 ̄;)

    千鶴ちゃんが帰った後、景子ちゃんとドップラーを合わせます。3楽章は有名なアンダンテとロンドですが、作曲者がフルート奏者ですので音楽として当たり前の事柄や、自分で演奏したわけですから細かい事は楽譜に書き込まれていないんですね。楽譜を深く読み解き、テンポや強弱に工夫(と言うか、当たり前の事なんです)をしていかなければなりません。個性を発揮し、有名なフルーティストのCDよりも面白く楽しい素晴らしい演奏になる様勉強していきます。

    と言う事で、


    <本日の賄い>

    Probe232、2回目

    お疲れ様!( ^_^)/□☆□\(^_^ )
    無理矢理一緒に写真に入ったシャオランの表情が面白い(不満タラタラ)。

    Probe232、2回目

    本日の賄いは、以前景子ちゃんに大好評だったかすうどんです(かすはこちらを参照下さい)。今日のうどんは氷見うどんですよ〜。

    Probe232、2回目

    伊吹いりこ、羅臼昆布、鰹節で出汁を引き、薄くスライスした「かす」を加えて更に出汁を引き出していきます。かすの個性が強いので、かすを入れる事によりいりこなどのベースとなる出汁の主張は弱まりますが、分からなくてもちゃんとベースの出汁を引くことが大事なんですよね、ベースをちゃんとするのとしないのとでは出来上がりが雲泥の差となってしまいます。また、かすうどんも讃岐うどんや武蔵野うどんの様なちゃんとした麺で作った方が何倍も美味しくなります。


    Probe232、2回目

    美味しくてウットリの景子ちゃん、明日からコンサートのために鹿児島入りという忙しさですが、ご盛会をお祈りしていますよ。良い演奏会になると良いですね。気をつけて。






     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜





     

     

    <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


    Vol.232「ヴィルトゥオーゾ・フルートII」
    ◆日 時:2019.9/15
    2:30p.m.開演(2:00p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥2,500− 高校生以下¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子双木 千鶴 Pf.近藤 盟子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     Vol.232QR

    ◆プログラム:Webサイト *曲順を一部変更しました

     ・コレット:コンチェルト・コミック ハ長調「マルゴトン」Op.8-3(3Fl+Pf)
     ・ドップラー:2FlとPfのためのソナタ Op.25(2Fl+Pf、上坂、平野)

           (3楽章は有名なアンダンテとロンド)
     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


     ・アンデルセン:軍隊風アレグロ ホ長調 Op.48(2Fl+Pf、双木、上坂)
     ・ドロステ=ヒュルスホフ:3FlとOrchのための協奏交響曲 ニ長調(3Fl+Pf)


    ソロイスツVol.230-232フライヤー
     

    ↑ クリック下さい! ↑





     

    ==============================




     

    <TRIchrO JAPAN TOUR 2019>


    トライクロ
     

    ↑ 両面拡大表示−クリック下さい ↑



    昨年も共演したジャズトリオ「TRIchrO」とのライブです。開場は昨年と同じ青山のZIMAGINE、TRIchrOでピアノ弾くのは大学の同級生のEriko。フルート科卒業ですバークリーのジャズピアノ科で研鑽を積んだ才能のある人です。パワーアップして日本でのツアーを開催します。



     

    ==============================




     

    <ソロイスツ弘前公演Vol.4>


    弘前Vol.4
     

    ↑ 両面拡大表示−クリック下さい ↑


    今年も弘前で活躍するフルート奏者・工藤 千尋さんをお招きして「セ・バ・フランス(津軽弁で「さあ、フランス」)」と題し、バロックから20世紀までのフランス音楽を特集します。昨年の様子をご覧下さい




     

    ==============================




     

     

     

    <<フルートクライス関西・大阪レッスン>>


    ◆フルートの神髄に触れよう!
    フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.55
    ◆2019年7月28日
    (日)
     KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
    ◆Vol.54の様子
     こちらからご覧下さい。
    スマホはこちらのQRコードから
     大阪レッスンQR
     

    大阪レッスンロゴ
     

     

    ↑ クリック下さい! ↑

     




    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育

    JUGEMテーマ:ジャズ

    JUGEMテーマ:グルメ

    JUGEMテーマ:ビール

    JUGEMテーマ:うどん


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック