【Ver.1からの累計アクセス数】
 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>




categories

archives

[クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.230「ソロライブ・I〜バッハアーベント」公演に向けてどうやって練習しているかというと〜その1

0

    <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


    Vol.230「ソロライブ・I〜バッハアーベント」
    ◆日 時:2019.6/15
    )7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥2,500− 高校生以下¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子 Pf.近藤 盟子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     Vol.230QR

    ◆プログラム:Webサイト

     <オールJ.S.バッハ・プログラム>
     ・ソナタ 変ホ長調 BWV.1031(Fl+Pf、平野)
     ・協奏曲 ト短調 BWV.1056(Fl+Pf、上坂、原曲:Vln[Cemb])

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


     ・パルティータ第2番ハ短調 BWV.826(Pf solo、近藤)
     ・音楽の捧げもの BWV.1079より、トリオソナタ ハ短調(2Fl+Pf、原曲Fl+Vln


    バッハ1056

    来月のソロイスツは、いつものアンサンブル中心からソロ中心の2回シリーズの第1弾、バッハを特集します。3人それぞれにソロを演奏して、最後にアンサンブルという嗜好です。

    1曲目の景子ちゃんの演奏する曲は第2楽章に有名なシチリアーノがあるソナタで、研究家の間では次男のカール・フィリップ・エマヌエルの作では無いかと言われている。しかし、ヴィヴァルディの「忠実なる羊飼い」がフランス人のニコラ・シェドヴィルの作である事や、「アルビノーニのアダージョ」として有名なあの曲は実はレモ・ジャゾットという学者の完全な創作作品だったと楽譜にも記される(楽譜の画像をよく見ると、Tomaso Albinoniでは無く
    Remo Giazottoとなっています)ほどには確定されていないようでもある。未だに「J.S.」Bachとして出版されている楽譜も多くあるし、前衛的なベーレンライター社でも単に「Bach」と記すに留まっている。これらのことを踏まえて、はなはだ怪しいと言われているソナタではあるのだが「J.S.」の作品として取り上げることにしました。

    さて、私の演奏する協奏曲も色々曰く付きで、現在では「チェンバロ協奏曲第5番ヘ短調」がオリジナルとされている様なのだが、実はそのまたオリジナルがあったとされていて、それはト短調のヴァイオリン協奏曲だと考えられています。自筆譜は消失していてここにもJ.S.バッハの真作かどうかの議論が存在するようなのだが、よほど信憑性のある写譜が存在するのかト短調の楽譜は出回っていて、今回私が使用する楽譜はそのト短調のヴァイオリン版を少々修正して使う予定。少々の修正とは、ヴァイオリン版にあるフルートでは演奏不可能な重音(一度に複数の音を出す)やフルートでは出せない低音などを自然な形で変更するという意味なのです(上記画像を参照下さい)。練習の始まりは、楽譜(=音楽)の考察、と言うわけです。

    音楽は同じ音であってもオクターブ違うと全く別の響きになり、つまり違う曲と言って良いほどの変化をもたらします。今回はヴァイオリン用の楽譜を使うわけですが、フルートで出せない音を何とかしてヴァイオリンの様に真似るのでは無く、「なぜその様な音の並びになっているのか」という音楽の本質を見いだして音楽に添った自然な形に修正して演奏する予定です。その作業は結構面倒なのですが、「創作」の様でもあり楽しくもあります。

    そんなソロイスツの演奏会をどうぞお楽しみに!
    皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。



     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜



     

    <<フルートクライス関西発表会Vol.8>>


    ◆日 時:2019.6/23)1:00p.m.開演(0:30p.m.開場)
    ◆会 場:ロッコーマン・ホール
        (JR・阪神元町駅、阪急神戸三宮駅下車徒歩6~10分)
         TEL.078-333-9000
    ◆入場料:無料
    ◆出 演:Fl.上坂 学藤森 友香 Pf.近藤 盟子
         クライス関西の皆さん
    Facebook

    ◆Mobile

     大阪8QR

    ◆プログラム:Webサイト

     <ミニコンサート>
     演奏:Fl.上坂 学、藤森 友香 Pf.近藤 盟子
     ・カゼッラ:シシリエンヌとブルレスク(Fl+Pf、藤森)
     ・ゴーベール:ノクターンとアレグロスケルツァンド(Fl+Pf、上坂)
     ・ラヴェル:水の戯れ(ピアノ独奏、近藤)
     ・ドップラー:リゴレット幻想曲 Op.38(2Fl+Pf)


    大阪8ロゴ
     

    ↑ クリック下さい! ↑


    第8回目を迎えるクライス関西発表会です。今回も参加者皆さんのポジティヴな選曲で大曲揃い。2年ぶりに藤森さんをお迎えしてのミニコンサートも開催されます。

    今からでも参加頂けますよ!
    また、当日はお気軽にお越し下さいますようお待ちしています。
    フルートの名曲をお楽しみ下さい!




     

    ==============================

     



     

    <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


    Vol.230「ソロライブ・I〜バッハアーベント」
    ◆日 時:2019.6/15
    )7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥2,500− 高校生以下¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子 Pf.近藤 盟子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     Vol.230QR

    ◆プログラム:Webサイト

     <オールJ.S.バッハ・プログラム>
     ・ソナタ 変ホ長調 BWV.1031(Fl+Pf、平野)
     ・協奏曲 ト短調 BWV.1056(Fl+Pf、上坂、原曲:Vln[Cemb])

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


     ・パルティータ第2番ハ短調 BWV.826(Pf solo、近藤)
     ・音楽の捧げもの BWV.1079より、トリオソナタ ハ短調(2Fl+Pf、原曲Fl+Vln


    ソロイスツVol.230-232フライヤー
     

    ↑ クリック下さい! ↑





     

    ==============================




     

    <<フルートクライス関西・大阪レッスン>>



    ◆フルートの神髄に触れよう!
    フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.55
    ◆2019年7月28日
    (日)
     KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
    ◆Vol.53の様子
     こちらからご覧下さい。
    スマホはこちらのQRコードから
     大阪レッスンQR

    大阪レッスンロゴ
     
    ↑ クリック下さい! ↑




    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック