【Ver.1からの累計アクセス数】
 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>




categories

archives

[クライス・フルート・ソロイスツ&食べる] ソロイスツVol.229へ向けてどうやって練習してるかというと〜その1

0

    【クライス・フルート・ソロイスツ公演】


    Vol.229「神童・モーツァルトとフランスのモーツァルト・ドヴィエンヌ」
    ◆日 時:2019.5/18
    )7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥2,500− 高校生以下¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子有松 栞 Pf.近藤 盟子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     Do229QR

    ◆プログラム:Webサイト
     モーツァルト:フィガロ序曲 ニ長調 KV.492(3Fl) 
     ドヴィエンヌ:トリオ 第4番 ヘ長調(3Fl) 

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


     ドヴィエンヌ:トリオ 第2番 ニ長調(3Fl) 
     モーツァルト:小夜曲 ト長調 KV.525(アイネ・クライネ・ナハトムジーク、3Fl)

    Porobe229

    いきなりこんな画像で失礼致します。やはり写真は楽しくなきゃね!のソロイスツであります。今回は真ん中に写っている栞ちゃんをゲストに3本のフルートで2人のモーツァルトを特集します。栞ちゃんの出演は6年ぶり3回目となります。

    「2人のモーツァルト」とは、神童と謳われた張本人のモーツァルト、そしてその技巧や音楽性がモーツァルトに引けを取らないと評判の「フランスのモーツァルト・ドヴィエンヌ」です。ドヴィエンヌは管楽器奏者、製造者一族の一人でファゴットも演奏したようです。陸軍軍楽隊の軍曹でもあったドヴィエンヌが同僚に音楽を教えたのが後のパリ音楽院で、その事から初代フルート科教授、と言われています。

    その作風は技巧的でロマンティック、モーツァルトよりちょっと新しい音楽です。ドヴィエンヌの3本のフルートの為のトリオは我々フルーティストにとって必須の名曲ですが、必須と言われるほど良く出来た叙情的な音楽を持っています。技巧的でありながら叙情的、ありそうでなかなか無い貴重な音楽です。アマチュアの皆さんも積極的にチャレンジするこの名曲を本家のモーツァルトと一緒に是非お楽しみ下さい!

    Porobe229

    栞ちゃんの使用する楽器は出来たての14KSR、ムラマツです。濃厚で豊かな響きを持った楽器ですが、片や愁いのある響きも得意な様子。イイですね〜、羨ましくなります。まだまだ慣れないと嘆いている栞ちゃんですが、責任のある本番で使う事が一番の慣れる秘訣ですね。いくら練習したとしても本番には敵いませんから。



    <本日の賄い>

    Porobe229

    お疲れ〜、のビールで乾杯( ^_^)/□☆□\(^_^ )

    Porobe229

    こちら、大根の葉と鰹節の炒め合わせのお握りです。
    旨いのよ〜\(^O^)/

    Probe229

    先日寄った狭山市のJA直売所には立派な葉が付いたままの大根が売られていて、こりゃイイ!とその葉っぱ目的でゲット。よく洗い茎も葉もざく切りにします。黄色く変色した葉は、よほどの物だけ取り除きます。

    Probe229

    濡れたままのざく切りにした葉をフライパンに入れ、蓋をして蒸し焼きにします。暫くするとしなしな〜っとなって来ますので蓋を取って水分を飛ばすように炒めます。油の類いは一切使いません、空煎りです。

    水分が飛んだら、お水、出汁、味醂、お砂糖、お酒、淡口醤油で作った合わせ調味料で味付けし、水分が無くなるまで炒め、最後にごま油少々を回しかけ鰹節をばっさばっさ!加えて白ごまをたっぷり降って完成です。

    Probe229

    旨旨ですよ〜。ご飯はもちろん、お酒にも良く合います。これをほかほかご飯によく混ぜてお握りにしました。

    Porobe229

    美味しそう〜!

    Porobe229

    おかずはこちら、大根と油揚げの味噌煮です。
    大根は皮を剥き面取りし、隠し包丁を入れてからお米少々と一緒に下茹でしておきます。油揚げはさっと煮て油抜きし、三角切りにします。人参は銀杏切りです。鶏肉を食べやすい大きさに切り分けておきます。ごま油を熱し、鶏肉と人参をさっと炒め、油が回って人参の表面の色が変わってきたら油揚げを加えさっと炒め合わせます。大根を加え、お水をたっぷり、和風出汁、お酒、味醂、お砂糖で炊いていきます。30分ほどしたら八丁味噌(赤味噌)と信州味噌や仙台味噌などお好みのお味噌(今回は信州山吹味噌)を合わせ、ゆで汁で溶いて淡口醤油で味を調えた合わせ調味料で味付けし、更に1時間ほどコトコト煮込みます。いったん火を止め、一晩ゆっくり熱を取ることで味が染み染みになっていきます。食べる時に温め直します。大根も人参も揚げも中まで味か染みて旨旨〜\(^O^)/






     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜



     

    【クライス・フルート・ソロイスツ公演】


    Vol.229「神童・モーツァルトとフランスのモーツァルト・ドヴィエンヌ」
    ◆日 時:2019.5/18
    )7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥2,500− 高校生以下¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子有松 栞 Pf.近藤 盟子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     Do229QR

    ◆プログラム:Webサイト
     モーツァルト:フィガロ序曲 ニ長調 KV.492(3Fl) 
     ドヴィエンヌ:トリオ 第4番 ヘ長調(3Fl) 

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


     ドヴィエンヌ:トリオ 第2番 ニ長調(3Fl) 
     モーツァルト:小夜曲 ト長調 KV.525(アイネ・クライネ・ナハトムジーク、3Fl)


    227-229フライヤー
     

    ↑ クリック下さい! ↑




     

    ==============================





    ◆フルートの神髄に触れよう!
    フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.54
    ◆2019年5月25日(土)・
    26日(日)
     KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
    ◆Vol.52の様子
     こちらからご覧下さい。
    スマホはこちらのQRコードから
     大阪レッスンQR

    大阪レッスンロゴ
     
    ↑ クリック下さい! ↑

     

    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育

    JUGEMテーマ:グルメ

    JUGEMテーマ:ビール


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック