【Ver.1からの累計アクセス数】
 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>




categories

archives

[クライス・フルート・ソロイスツ公演] Vol.228「ドラマティック・フルート」演奏会後記

0

    【クライス・フルート・ソロイスツ公演】


    Vol.228「ドラマティック・フルート」
    ◆日 時:2019.3/17)7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)

    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥2,500− 高校生以下¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子 Pf.近藤 盟子
    ◆お話し:上坂 学
    Facebook

    ◆Mobile

     Vol.228QR

    ◆プログラム:Webサイト


    <本日のゲネプロ>

    Do228

    今回のプログラム、特にダマーズは何度練習しても何か新たな発見が出現し、切りが無い。ゲネプロでもダマーズ中心に進みました。時間無いよ〜(;´Д`)

    Do228

    準備完了、開場時間となりお客様をお迎え致します。


    <本日の開演〜前半>

    Do228

    今日は解説の大竹さんがお休みなので私がお話しを。前半は平野さんと一緒に主に演奏者目線で見た作曲家と作品の思いをお話しさせて頂きました。聴衆の皆さんには意外性もあったようです。

    Do228

    前半は、まずクンマーから。軽快で雄大なトリオです。

    Do228

    そして、平野さんによるドゥランドルの小品を。


    <本日のTea Time>

    Do228

    もう15年はお越し頂いている常連のお客様、嬉しいです。いつもありがとうございます!希に欠席なさいますが、そんな時はとても寂しくなります。。

    Do228

    演奏者も一緒に休憩時間を楽しむのがクライス・スタイル。


    <本日の開演〜後半>

    Do228

    後半はピアノの近藤さんとショパン考なども。

    Do228

    後半1曲目は私の演奏で、ドラマティックの集大成のようなカルク=エラートのカンツォーネを。

    Do228

    そして、大人気ショパン、演奏したスケルツォはドラマティックのカテゴリーでも上位にランクされいるのだとか。

    Do228

    そして、ダマーズでドラマティックは最高潮に!



    <本日のポートレート>

    Do228

    いつも写真を撮って下さる「鰻星人」ことSさんによる撮影です。
    こんなコトしてるんだ( ̄∇ ̄)。

    Do228

    音楽が聞こえるよう。



    <本日の終演後>

    Do228

    お見送りの最中に、ちょっとした曲目解説の補完などを。

    Do228

    記念撮影して打ち上げへGo!!


     

    ●クンマー:Kaspar Kummer
    (1795.12.10ドイツ、エルラウ〜1870.5.21 コブルク[74歳])
    −2FlとPfのための独創的なトリオハ長調 Op.75
    (原曲の2ndはVla [またはVln、Fl])
    I.Allegro ma non tanto 4/4
    II.Andante poco Adagio 4/4
    III.Menuetto : Allegro ma non tanto 3/4
    IV.Allegretto con moto 3/4


    フルートにとって重要な作曲家・クンマーは、幼少期には他の管楽器や弦楽器にも親しんだようです。その中でフルートが一番のお気に入りだったとか。そのお陰で素晴らしいフルートアンサンブルが生まれました。まだまだ無名に近い存在ですが、ソロイスツではシリーズ当初より取り上げてきた作曲家、近年流行の兆しがあるようです。このトリオは古典的な響きの中に、ワクワクがたくさん詰まったような壮大な音楽。楽しいことこの上無い!そんなトリオでした。


    ●ドゥランドル:Adolphe Deslandres
    (1840年1月22日パリ〜1911年7月30日パリ[71歳])
    −序奏とポロネーズ
    (1905年パリ音楽院卒業試験曲、[65歳]、原曲:Ob+Pf、Fl+Pf、平野)


    フランスの作曲家、オルガン奏者のドゥランドルは、パリ音楽院で作曲とオルガンを学びました。オルガンの師匠はかのフランクです。カンタータでローマ大賞も受賞しています。オペラなどの声楽曲が特に評価を得ていますが、この小品はパリ音楽院のオーボエの試験曲として作曲され、その後も大変人気を博した作品です。オーボエのための作品ですが、その多彩で壮大な音楽はフルートの演奏にもとても適していて、私も何度か演奏した事があります。お勧めの1曲。


     

    −−−−−−−−− Tea Time −−−−−−−−−



    ●カルク=エラート:Sigfrid Karg-Elert
    (1877.11.21.ドイツ、オーベルンドルフ=アム=ネッカー〜1933.4.9.ライプツィヒ[55歳])
    −シンフォニッシェ・カンツォーネ〜親友のJ.ウェーバーのために
    (1917年作曲[40歳]、Fl+Pf、上坂) 


    フルートにとって大変馴染み深く、モーツァルトの研究家としても有名なライネッケの紹介もありグリーグに師事したカルク=エラートは、シューマン、リスト、レーガーらのドイツロマン派の音楽を引き継ぎ、印象派の音楽も取り入れた色彩豊かな音楽が特徴の音楽家です。カルク=エラートと言えば無伴奏フルートの為の「アパッショナータ」が余りにも有名ですが、演奏したシンフォニッシェ・カンツォーネは得意の色彩感満載のまさにドラマテックな作品に仕上がっています。どこを切り取っても感動出来る音楽は、奏者にとって表現選択の宝庫。どう料理しようか嬉しさも満載で演奏出来る希有な作品です。


    ●ショパン:Francois Frederic Chopin
    (1810.2.22ポーランド、ジェラゾヴァ・ヴォラ(ワルシャワ近郊)〜1849.10.17パリ[39歳])
    −スケルツォ 第1番 ロ短調 Op.20(1835年作曲[25歳]、Pf solo、近藤)


    大人気で超有名人音楽家のショパンですが、活動の場は貴婦人達に囲まれたパリのサロンでした。彼の奏でるピアノは強靱と言うよりは華麗で華奢、そんな言い方も伝わっています。しかし、作品の中にはドラマティックな曲も多く、その中の第一位に君臨するとも言われるのが第1番のスケルツォです。名曲となるには素晴らしい音楽性という理由がありますね、何度聞いても飽きない素晴らしさです。


    ●ダマーズ:Jean-Michel Damase
    (1928.1.27 フランス、ボルドー〜2013.4.21パリ[85歳])
    −三重奏曲
    (原曲:Fl+Ob+Pf、1963年[35歳]、2Fl+Pf)
    I.Molto moderato〜Allegro 4/4
    II.Allegro con spirito 3/4
    III.Allegro scherzando 6/8
    IV.Mderato 4/4〜Andante 3/4


     親日家でもあり度々日本に来訪され演奏会に出演していたダマーズは、ピアノの名手でもありました。彼の作品のピアノパートはまさに「ソロ」、感動的なぶ厚い響きは、きっと大きな手を持ち合わせていたからこそ、だったのでしょう。手の小さい日本人はラフマニノフなどの作品同様いつも苦労しているようです。音楽の低音域はオリジナルのオーボエ(本日の2nd.フルート)に任せ、1st.のフルートは高音が多用されています。そのコントラストが感動を呼ぶのですね。フルートの高音練習にももってこいのこのトリオ、同氏の2Flのためのトリオよりもお勧めです!


    次回は2019.5月18日(土)公演、「神童・モーツァルトとフランスのモーツァルト・ドヴィエンヌ」と題し、2人のモーツァルトを3本のフルートでお届け致します。ゲストに久しぶりの出演となる有松 栞(ありまつ しおり)さんをお迎えし、いつもとはちょっと違ったサンドをお楽しみ下さい。どうぞお楽しみに!!皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。




    <フルート・コミュニケーション Vol.228>

    ドラマティック・フルート


    Do228 感動的な、印象的な、劇的な、そんな音楽を集めた今宵のソロイスツ演奏会であります。何がドラマティックって、音色の変化、音量の変化、音域(高低)の躍動感、その全てが変化に富んでいると言うこと。感情の高ぶり、また逆に冷静さを直接的に音で再現している音楽です。

    共演の平野さんが演奏するドゥランドルはオーボエでの演奏がオリジナルですが、最低音から最高音までめまぐるしく飛び回ります。それは私が演奏するカルク=エラートでも同じで、オーボエよりも音域の広いフルートの曲ですから、ほぼ最高音まで駆使しての演奏になります。

    クンマーのトリオの2ndパートは私が担当しますが、オリジナルはヴィオラ。つまり、低音の響きが重要になってくるのですね。低音での歯切れの良い音がたくさん要求されてフルートにとってはやや苦しい展開です。逆にダマーズのトリオで私が担当する1st.は上記画像のように高音が多用されています。

    気持ちの切り替えが大切になってきますが、全く性格の違うためテンションが上がってくるのが自分でもちょっと不思議。ガンガン行きますよ!(笑)

    (ま)




    <本日の打ち上げ>

    Do228

    はい、お待たせしました、ビールの時間です。

    Do228

    いつも思うのですが、チェーン店とは言えさすがプロ、美味しく上手に作るなあ、とつくづく感心。

    Do228

    外はカリッとさくっさく、中はジュシーとはこのこと。

    Do228

    新潟の栃尾揚げ、味のついた葱が挟まれていて旨旨。
    真似しよっと(^◇^;)

    Do228

    一生懸命演奏した後なので、炭水化物はご褒美です (旨_旨)v
    次回は何食べようかなあ〜(*^_^*)






     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜



     

     

    【フルートを楽しもう!in 東京Vol.20】


    ◆日 時:2019.4/14)2:00p.m.開演(1:30p.m.開場)
    「親子で体験」は12:30開演

    ◆会 場:ムラマツ楽器新宿店2Fムラマツホール
    (JR新宿駅下車 徒歩10分 / 地下鉄丸の内線 西新宿駅下車 徒歩1分)

         TEL.03-3367-6000
    ◆入場料:一般¥2,500− 高校生以下¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    ◆出 演:Fl.上坂 学 Pf.近藤 盟子
    ◆イベント内容:Webサイト / Facebook

    申し込み・お問い合わせフォーム
    ◆Mobile

     東京Vol.20QR

    ◆参加者特典:テレビ電話で行う無料Webレッスン
    当イベントに参加された方でご希望なさる方には、参加者特典と
    して、イベント後無料フォロー・アップWebレッスンを行います。
    (1回、無料通話ソフトSkypeを使用予定)


    ●プロムナード・コンサート

      100%リクエストによる30分のミニコンサート
    ●なんでもQ&A
    【これから始める魅惑のフルート】
    未経験者でも楽しめるフルート
    【上坂メソッド】
    驚くくらい楽に音が出せて、おまけに音程も良くなる当て方と
    アンブシュア、遠鳴りのする音の作り方、美しいビブラートを目指して
    【初心に戻ろう】
    必須の時短練習方法をあなたに!
    【自由な表現をゲットしよう】
    誰にでも出来るプロの呼吸法
    ●フルート吹き比べ
    各SRモデル、総金モデル等勢揃い!!
    ●プロ奏者のピアノ伴奏で吹いてみよう!!
    クライスのピアニスト、近藤盟子さんがあなたの伴奏を務めます!
    ●グランドフィナーレ!
    会場の参加者皆さんで大合奏!

     (お申し込み下さった方にPDFファイルでお送りします)

    どうぞお気軽にエントリー下さい。
    楽しみにお待ちしています!

     

    東京Vol.20ロゴ
     

    ↑ クリック下さい! ↑




     
    ==============================




     

     

    【クライス・フルート・ソロイスツ公演】


    Vol.229「神童・モーツァルトとフランスのモーツァルト・ドヴィエンヌ」
    ◆日 時:2019.5/18
    )7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥2,500− 高校生以下¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子有松 栞 Pf.近藤 盟子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     Do229QR

    ◆プログラム:Webサイト
     モーツァルト:フィガロ序曲 ニ長調 KV.492(3Fl) 
     ドヴィエンヌ:トリオ 第4番 ヘ長調(3Fl) 

     −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 

     ドヴィエンヌ:トリオ 第2番 ニ長調(3Fl) 
     モーツァルト:小夜曲 ト長調 KV.525(アイネ・クライネ・ナハトムジーク、3Fl)


    227-229フライヤー
     

    ↑ クリック下さい! ↑




     

    ==============================





    ◆フルートの神髄に触れよう!
    フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.54
    ◆2019年5月25日(土)・
    26日(日)
     KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
    ◆Vol.52の様子
     こちらからご覧下さい。
    スマホはこちらのQRコードから
     大阪レッスンQR

    大阪レッスンロゴ
     
    ↑ クリック下さい! ↑



    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育

    JUGEMテーマ:ビール

    JUGEMテーマ:グルメ


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック