【Ver.1からの累計アクセス数】
 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>




categories

archives

[クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.227「横取りクラシック・Vol.2」へ向けてどうやって練習しているかというと〜その5、からの、賄いは桜ご飯

0

    【クライス・フルート・ソロイスツ公演】

     

     


    ​◆Vol.227「横取りクラシック・II」
    ◆日 時:2019.2/24()7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)

    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥2,500− 高校生以下¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子 Pf.近藤 盟子
    Facebook

    ◆Mobile

     227QR

    ◆プログラム:Webサイト
     J.S.バッハ:2Flのための協奏曲 ニ短調 BWV1043(2Fl+Pf、原曲2Vln) 
     グリーグ:ソナタ第1番 ヘ長調 Op.8(Fl+Pf、平野、原曲Vln)

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


     ブラームス:ソナタ第2番 変ホ長調 Op.120-2(Fl+Pf、上坂、原曲:Cla) 
     ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 Op.67「運命」より、第1楽章
             (Pf solo、近藤、原曲:管弦楽) 
     モシュコフスキー:組曲 Op.71(2Fl+Pf、原曲2Vln)


    Probe227


     

    ど〜ん!



    出演者一同です。景子ちゃんはピアノの上に飾ってあった雛あられ持ってます。これ、トリミング無しの画像、どれだけカメラに寄っているかお分かりでしょうか?!( ̄∇ ̄)

    練習中は一触即発な状態ですが、それ以外は仲良し3人組なのです。所詮音楽は人間のするもの、その人間同士が仲良くなくては良い音楽は生まれませんからね。

    Probe227

    練習前の15分ほどのコーヒータイム。練習はどんな感じに進んだのか、曲に対する感性は同じなのか変わってきたのか、等々、、、コミュニケーションを取っていきます。そのコミュニケーションのお伴はメイプルシロップのクッキーと上記画像のEricaのチョコレート。Ericaはヴァレンタイン・デーに生徒さんから頂いたものですよ<(`^´)>。チョコレートの中にマシュマロとナッツが入っていて最高に旨旨なのです。そのままだと直方体ですので、ブレッドナイフなどでぎこぎこ切り分けてから頂きます。

    さて、練習始めるよ!

    Probe227

    最初にバッハを。

    先週合わせて曲想を掴み、その後個人練習もしていますから技術的にも音楽的にも進歩しているのは当然です。しかし、その進歩した状態で更に上を見据えた曲作りをしますから、再び修正が必要になっていきます。演奏がどんどん熟成されていくわけです。正解は無限にあり、3人のキャラクター、その時その時の音楽的価値観で演奏(音楽)はどんどん変化していきます。そこが音楽の醍醐味で、最終形は本番当日の舞台の上でその時の会場の雰囲気、会場の雰囲気から感じる感性で最終の変化が生じて生きた音楽が奏でられるのです。つまり、聴衆も音楽作りの一端を担っているのですね。

    それはバッハよりも自由な音楽を持ち合わせているモシュコフスキーも同じです。ロマン派以降の音楽では楽譜に書かれた事を遵守することが求められますが、守っていると感じられるのならばどう演奏しても自由で、そういう意味ではバロックのバッハなどより自由に演奏出来るという言い方も出来るのです。遵守で自由というのは矛盾している様に感じるでしょうが、そこが解釈であり、楽譜に指示を書ききれないような音楽では解釈の不備がある状態で楽譜通りに演奏しても形にすらならないです。楽譜に書き切れていない情報の多さは作曲家によって違いがありますが、モシュコフスキーはそれが多いタイプの作曲家。真剣に楽譜を読んで演奏しなければなりませんが、それだけに演奏の楽しさが倍増する作曲家でもあります。

    さてさて、最後の練習は明後日、そして本番ではどんな音楽になるのか楽しみです。

    Probe227

    アンサンブルの後は景子ちゃんのソロ、グリーグの合わせです。感想がブログに書かれていますよ(*^_^*)。グリーグは私がお薦めした作品、気に入って貰えた様で嬉しいですね。

    さて、練習も終わり、いつもの様に、、、


    <本日の賄い>

    Probe227

    まずはビールでお疲れ様〜して、


    Probe227


     

    どどどど〜ん!!




    本日の賄いは久々に作った桜ご飯です。
    塩漬けの桜をさっと水洗いして粗くみじん切りにします。以前参考にしたレシピではお米1合に対して桜の塩漬け10gと言う事でしたが、今回は水洗いして塩を落としていますので桜を少々増量しました。この炊き込みご飯葉塩漬けの塩味でご飯を炊くというものでしたので、しをを落として桜を増やせば風味もましますし旨旨なハズ、そう考えたワケです。それ、正解!あとは料理酒と昆布を入れて炊くだけです。お汁はじゃがいもと玉ねぎのお味噌汁です。

    Probe227

    水に浸けて塩抜きした桜の花びらをお飾りに。前回作った時よりも桜をたくさん入れたせいか。ほんのり桜色に染まったご飯が美味しそうで食欲をそそられますよーーー。

    Probe227

    ご飯に添えたのはバターナッツかぼちゃの天ぷらです。今回は桜ご飯の味の邪魔をしないように衣はお塩とパセリだけとシンプルにしました。バターナッツかぼちゃの甘さが引き立って美味しかったな〜\(^O^)/

    Probe227

    満足頂けましたよ〜。
    さあ、明後日もガンバリマショウね!!!







     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜





     

     

    【クライス・フルート・ソロイスツ公演】

     

     

    Vol.227「横取りクラシック・II」
    ◆日 時:2019.2/24()7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)

    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥2,500− 高校生以下¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子 Pf.近藤 盟子
    Facebook

    ◆Mobile

     227QR

    ◆プログラム:Webサイト
     J.S.バッハ:2Flのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043(2Fl+Pf、原曲2Vln) 
     グリーグ:ソナタ第1番 ヘ長調 Op.8(Fl+Pf、平野、原曲Vln)

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


     ブラームス:ソナタ第2番 変ホ長調 Op.120-2(Fl+Pf、上坂、原曲:Cla) 
     ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 Op.67「運命」より、第1楽章
             (Pf solo、近藤、原曲:管弦楽) 
     モシュコフスキー:組曲 Op.71(2Fl+Pf、原曲2Vln)


    227-229フライヤー
     

    ↑ クリック下さい! ↑




     

    ==============================





    ◆フルートの神髄に触れよう!
    フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.53
    ◆2019年3月23日(土)

     KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
    ◆Vol.52の様子
     こちらからご覧下さい。
    スマホはこちらのQRコードから
     大阪レッスンQR
     

    大阪レッスンロゴ
     
    ↑ クリック下さい! ↑

     




    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育

    JUGEMテーマ:グルメ

    JUGEMテーマ:ビール


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック