【Ver.1からの累計アクセス数】
 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>




categories

archives

[食べる] どうぞ良いお年をお迎え下さい〜年越し蕎麦

0

    大晦日

    大晦日早朝恒例お刺身買い出し。4時開店なのだが、例年早くから行列が出来るようなので1時間近く前に出動!

    大晦日

    ところが、、、午前3時過ぎには長蛇の列、駐車場(公称160台収容)もほぼ満車、凄い!アプリや車の外気温計に因れば、外気温はぎりぎりプラスの1度、でも冷たい風が強くて体感温度は氷点下だな、、、寒いよ。と言う事で、中とろ、とろサーモン、寒鰤の旨旨そうなお刺身をゲットして帰宅したのでありました。帰宅して酢だこを仕上げ小休止。。。レッスン室の掃除は明日(来年)に決定だな。。。

    で、

    大晦日

    夜は年越し蕎麦で。

    大晦日

    蕎麦は市販の乾麺ですが、固めに茹でて大量の氷でぎんぎんに締め上げればまあまあの食感とテイストに仕上がります。

    大晦日

    麺つゆは作りましたよ。
    昆布を水に浸けること2時間、煮きった日本酒と味醂に昆布の出汁と水で戻した干し椎茸を戻し汁ごと温めます。沸騰直前で鷲掴み2つ分の大量の花がつおを投入、再度沸騰する直前にざるで漉して出し汁を作ります。椎茸と出し汁を鍋に戻し、淡口出汁醤油(はさめずうすいろ)で味付けして旨旨に完成です。

    大晦日

    今回の薬味は、刻み海苔、ねぎ、すり白ごま、山葵です。最初は薬味無しで、途中で薬味を少量ずつ加えれば味の変化が楽しめて更に旨旨です。

    今年は世相や自然災害も大変でしたね。個人的にはことしもたくさんの仲間に支えられた素晴らしい年でした。自分の本番のステップアップを意識して今までより更にハードルの高い選曲をもしました。来年も更にステップアップ出来るよう頑張りたいと思います。

    みなさんどうぞ良いお年をお迎え下さい。
    また来年もどうぞ宜しくお願い致します。
    旨旨も是非ご一緒致しましょう!!







     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜

     

     




     

    【クライス・フルート・ソロイスツ公演】


     

     

    Vol.226「師弟対決・Vol.2」

    ◆日 時:2019.1/19()7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)

    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥2,500− 高校生以下¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子 Pf.近藤 盟子
    Facebook

    ◆Mobile

     Vol.226QR

    ◆プログラム:Webサイト
    フリードリヒ大王:回転する輪、ソナタ5番イ長調(2Fl+Pf) 
    フリードリヒ大王:フルートの本(2Fl) 
    フリードリヒ大王:ソナタ第23番 ト長調(Fl+Pf、平野

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


     クヴァンツ:ソナタ ニ長調(Fl+Pf、上坂) 
    C.P.E.バッハ:ヴェルテンベルク・ソナタ第1番 Wq.49-1(Pf solo、近藤) 
    クヴァンツ:トリオ ハ長調(2Fl+Pf)


    ソロイスツ224〜226フライヤー
     

    ↑ クリック下さい! ↑




     

    ==============================





    ◆フルートの神髄に触れよう!
    フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.52
    ◆2019年1月26日(土)

     KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
    ◆Vol.51の様子
     こちらからご覧下さい。
     

    大阪レッスンロゴ
     
    ↑ クリック下さい! ↑




    JUGEMテーマ:グルメ

    JUGEMテーマ:蕎麦

    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック