【Ver.1からの累計アクセス数】
 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>




categories

archives

[クライス・フルート・ソロイスツ公演] Vol.225「師弟対決・Vol.1」演奏会後記

0

    【クライス・フルート・ソロイスツ公演】


    Vol.225「師弟対決・Vol.1」

    ◆日 時:2018.11/16()7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
    TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥2,500− 高校生以下¥1,500−
    (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子 Pf.近藤 盟子
    Facebook

    ◆Mobile

     ソロイスツ225QR

    ◆プログラム:Webサイト



    <本日のエントリー>

    ソロイスツVol.225

    冬至まであと1ヶ月、一番陽の短い季節です。午後4時過ぎですがもう暗くなって来ました。

    ソロイスツVol.225

    会場入りしてすぐにゲネプロです。今回はフルートの大先輩、タファネルとゴーベールの特集ですから特に力が入りますね。気持ちも高揚してきます。


    <本日の開演:前半>

    ソロイスツVol.225

    毎回前半は全員舞台に出てお話しをさせて頂いています。事実上打ち合わせ無しで( ̄。 ̄;)解説の大竹さんの振りに臨機応変に対応しています。これが結構難しい(笑´∀`)

    ソロイスツVol.225

    前半最初の2曲はゴーベールのアンサンブルです。1曲目のマドリガルはフルートの名曲ですが、本来1本のフルート用の作品を2本のフルート用に編曲された版で演奏致しましたが、望外の好評を頂き大喜びです。2ndは低音のHが多用されていて、共演の景子ちゃんはC足部管の楽器を使っていますのでH足部管を使う私が2ndを担当しました。

    ソロイスツVol.225

    そして、それぞれのソロをお楽しみ頂きました。
    景子ちゃんのタファネル:「魔弾の射手」によるファンタジー。

    ソロイスツVol.225

    私はタファネル:アンダンテ・パストラールとスケルツェッティーノを演奏致しました。


    <本日のTea Time>

    ソロイスツVol.225

    休憩時間は赤白ワインとジュースが無料でサービスされます。演奏者も一緒に休憩時間を楽しみます。お気軽にお声がけ下さいね!

    上記画像は赤ワインを開封するのに四苦八苦、ソムリエナイフも歯が立たないと思ったらスクリューでした、ちゃんちゃん、と言うオチ( ̄。 ̄;)



    <本日の開演:後半>

    ソロイスツVol.225

    大竹さんのお話し、途中で私も加わり後半が始まります。

    ソロイスツVol.225

    私のソロに続きピアノのソロを。タファネルとも親交があったフランス音楽界の大先輩サン=サーンスの作品です。

    ソロイスツVol.225

    最後はゴーベールのタランテラ。オリジナルはFl+Ob+Pfですが、2Flで演奏しても素晴らしい作品です。もっともっと演奏されて良い作品だと思います。アマチュアの皆さんも是非是非チャレンジして下さいね!

    ソロイスツVol.225

    アンコールは同じフランス音楽界からフォーレのドリーから「ドリーの庭」を。オリジナルはピアノの4手連弾ですが、フルートで演奏しても美しい素晴らしい作品です。

    本日のプログラムは以下の通りでした。

    ●ゴーベール:マドリガル(2Fl+Pf)
    1本のフルートとピアのの為の作品がオリジナルです。アマチュアの皆さんも含めて広く愛好されているフルートの小品で、短い曲ですが変化に富んでいてとても美しい作品です。1本のフルート用の作品を2本のフルート用に編曲された版で演奏致しました。2本のフルートの美しいハーモニーが続きます。


    ●ゴーベール:ギリシャ風ディヴェルティスマン(2Fl+Pf)
    ちょっとエスニック調の響きがワクワクします。フルート吹く人ならきっとアンサンブルを楽しみたくなることでしょう。

    ●タファネル:「魔弾の射手」によるファンタジー(Fl+Pf、平野)
    ゴーベールの師匠・タファネルの名作です。名曲の旋律を使ったポプリは技巧的で飽きることがありません。平野さんの柔らかく豊かな音色を存分にお楽しみ頂きました。

    ●タファネル:アンダンテ・パストラールとスケルツェッティーノ(Fl+Pf、上坂)
    弟子でもあるゴーベールに捧げられた作品です。題名の通り、前半は牧歌的な大らかな旋律と曲想、後半は軽快で技巧的な表現で華やかに幕を閉じる小品です。


     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−



    ●ゴーベール:ソナタ第3番G-dur(Fl+Pf、上坂)
    ゴーベールの代表作の1つです。フルートの特徴が生かされた名曲。ラムルー管弦楽団の首席奏者Jean Boulzeに捧げられています。

    ●サン=サーンス:6つの練習曲 Op.111より、第6番(Pf solo、近藤)
    タファネルとゴーベールのフランス音楽界の大先輩、タファネルとも親交のあったサン=サーンスの練習曲です。練習曲となっていますが、自身の5番のピアノ協奏曲を題材にした豊かな音楽と華麗なテクニックが聞き所です。

    ●ゴーベール:タランテラ(2Fl+Pf)
    オリジナルはフルート、オーボエ、ピアノですが、2本のフルートによる演奏でも曲風を損なうこと無く、むしろ華やかに曲をかたちどっていきます。最初から華やかに終わる最後まで、聴衆を引きつけて放すことがありません。もっともっと演奏されて良い作品だと思います。

    アンコールは、フォーレ:組曲「ドリー」より、「ドリーの庭(2Fl+Pfへの編曲版)」でした。


    次回公演Vol.225は2019年1月19日(土、7:00p.m.開演)公演「師弟対決・Vol.2」と題し、サンスーシー宮殿での華やかな音楽模様の再現です。大王フリードリヒ2世とその師匠でもあったクヴァンツ、そして大王の伴奏を務めたC.P.E.バッハの作品をお楽しみ頂きます。どうぞお越し下さいますよう心よりお待ち申し上げます。



    <フルート・コミュニケーション Vol.225>

    ブローとスタイリングって

    Do225 朝夕はめっきり涼しく、時には寒く感じられるようになた東京です。街路樹の葉は色付き、ほんの一時、機能美だけのような都会も美しい自然美に変貌させてくれます。爽やかでちょっと冷たい風が気持ちいい季節になりましたね。秋真っ盛りです。

    そんな街並みと風を感じ、晴れ渡った天気のように爽快な気持ちで美容院へ。え?爽やかになるのはカットした後でしょって?いえいえ、美容院大好きな私は行く前から気持ちが晴れやかになるのです。

    ここ大人の街にある美容院のスタイリストの皆さんは以外と若い方が多い。私からは想像出来ないような感性も持ち合わせています。そこで、髪の長さや形など基本的な事だけ希望を述べて「その中でイイと思うようなカットで」とお願いしました。そして、出来上がりは素晴らしい!こんな感じは自分ではオーダー出来なかったなあ。ブローしてワックスでスタイリング、をを、イイ感じ。それが、、、翌日自分でやってみると、どこかチガウ。やっぱりスタリストさんはプロなんだな、難しい事を簡単そうにやってしまう。ブローとスタイリングって、一体ナニ?

    (ま)



    <演奏会直前をどうやって過ごしているかというと>

    ソロイスツVol.225

    練習の時の賄い(イカスミのパスタ)を食べている時とはうって変わって爽やかで可愛い景子ちゃん。ハンバーガーを食べてパワーチャージ!!







     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜

     

     




     

    【クライス・フルート・ソロイスツ公演】


     

     

    Vol.226「師弟対決・Vol.2」

    ◆日 時:2019.1/19()7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)

    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥2,500− 高校生以下¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子 Pf.近藤 盟子
    Facebook

    ◆Mobile

     Vol.226QR

    ◆プログラム:Webサイト
     フリードリヒ大王:回転する輪、ソナタ5番イ長調(2Fl+Pf) 
     フリードリヒ大王:フルートの本(2Fl) 
     フリードリヒ大王:ソナタ第23番 ト長調(Fl+Pf、平野

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


     クヴァンツ:ソナタ ニ長調(Fl+Pf、上坂) 
     C.P.E.バッハ:ヴェルテンベルク・ソナタ第1番 Wq.49-1(Pf solo、近藤) 
     クヴァンツ:トリオ ハ長調(2Fl+Pf)


    ソロイスツ224〜226フライヤー
     

    ↑ クリック下さい! ↑




     

    ==============================





    ◆フルートの神髄に触れよう!
    フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.52
    ◆2019年1月26日(土)

     KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
    ◆Vol.51の様子
     こちらからご覧下さい。
     

    大阪レッスンロゴ
     
    ↑ クリック下さい! ↑




     

    ==============================





    8月10日(金)発売「THE FLUTE 165号」にSpecial Contents「上手に吹くための第一歩 楽譜に強くなる!」というコーナーが特集されています。

    このコーナー内の「プロから学ぶ、コワくない譜読み」に小さい記事ですが寄稿致しました。是非ご覧下さい。お読み頂ければ大変嬉しいです(手元に数冊ありますのでご希望の方がいらっしゃいましたらご連絡下さい)。


    THE FLUTE165号
     

    ↑ クリック下さい! ↑




    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック