【Ver.1からの累計アクセス数】
 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>




categories

archives

[食べる] 一人でも行く旨旨うどんツアー(プチ)&島屋豆腐店さん

0

    【一人でも行く旨旨うどんツアー】


    「がっきーと行く旨旨うどんツアー」に触発されて、ツアーを待ちきれず一人で行くうどんツアー>
    またまた埼玉に行ったら素通り出来ないでしょ!のめんこや詣でです。

    第1回:2017.12月2日(土)開催
     1)元祖武蔵野うどん「めんこや」本店(&きのこ汁生麺持ち帰り)
     2)田舎うどん「てつ」

    第2回:2017.12月9日(土)開催
     1)四方吉うどん本店
     2)大木うどん店(&持ち帰り)

    第3回:2018.2月25日(日)開催
     1)元祖田舎っぺうどん(北上尾店)
     2)元祖武蔵野うどん「めんこや」本店(きのこ汁生麺持ち帰りのみ)

    第4回:2018.4月10日(火)開催
     1)四方吉うどん本店
     2)元祖武蔵野うどん「めんこや」本店(&きのこ汁生麺持ち帰り)

    第5回:2018.5月1日(火)開催
     本日の旨旨うどん
     1)元祖武蔵野うどん「めんこや」本店(&きのこ汁生麺持ち帰り)

    第6回:2018.5月15日(火)開催
     本日の旨旨うどん
     1)みやふじうどん店Facebook

    第7回:2018.6月29日(金)開催
     本日の旨旨うどん
     1)うどん本舗
     2)四方吉うどん本店(生麺持ち帰りのみ)

    第8回:2018.7月8日(日)開催
     本日の旨旨うどん
     1)小平うどん聖蹟桜ヶ丘店(&生麺持ち帰り)

    第9回:2018.7月13日(金)開催
     本日の旨旨うどん
     1)満月うどん(&生麺持ち帰り)

    第10回:2018.9月2日(日)開催
     本日の旨旨うどん
     1)元祖武蔵野うどん「めんこや」本店(&きのこ汁生麺持ち帰り)

    第11回:2018.10月30日(火)開催
     本日の旨旨うどん
     1)元祖武蔵野うどん「めんこや」本店(&きのこ汁生麺持ち帰り)



    めんこや本店

    埼玉に行ったら、川越の近くに行ったら、素通り出来ないお店、それが「元祖武蔵野うどん・めんこや本店」であります。今日も所用で埼玉に行った帰りにピットイン!

    めんこや

    閉店まで1時間というタイミングでしたが、幸運にも大人気のきんぴらがまだありました。ささがきでは無く細切りのごぼうとにんじん、歯応えも楽しくサイコー旨旨の前菜です。

    めんこや本店

    やって来ました、きのこ汁(赤)冷や盛り大盛り(ゆであがりで700g)、油揚げトッピングであります。きのこ汁のつけ麺ですが、椎茸の多い事ったら!シアワセ\(^O^)/

    めんこや本店

    今まで食べたうどんの中でダントツ1位に大好きなめんこやのうどん、まずは何も付けずに麺だけを楽しみます。旨いんだよな〜(^^)v

    めんこや本店

    続いて出汁をすすって香りと味を楽しみ、その後に麺を付けてあっと言う間に完食です\(^^@)/

    めんこや本店

    もちろん、きのこ汁と生麺のセットをテイクアウト、明日のお楽しみです。


    <本日のお散歩>

    川越氷川神社

    もはや定番コースとも言える「めんこや〜川越氷川神社」であります。

    川越氷川神社

    七五三のお祝いで賑やかな境内でした。

    川越氷川神社

    そして、鯛を釣るおみくじもね(*^_^*)

    川越氷川神社

    大吉でしたが、運勢はちょっとビミョー。「失物」が「出ず 遅ければなし」が気になりますね。酔っ払って携帯落とすのに要注意です( ̄。 ̄;)


    <もう一つの定番コース、本日の島屋豆腐店さん>

    島屋豆腐

    埼玉に来たらこちらにも寄らなければ!
    FBやInstaで仲良くさせて頂いている島屋さんの旨旨です。何を食べても本当に美味しいのです。今日はなま揚げ(左上、3枚)、もめんとうふ(右上、1丁)、おから(左下)、揚げ(右中、2枚)、ざる揚げ(右下)です。本当はもっともっと買いたかったのですが、鮮度を考えれば食べきれないのです。。。

    島屋豆腐

    帰宅してまずはビール、そのお伴にもめんとうふです。定番の生姜と濃口醤油(かけ醤油)、そして、

    島屋豆腐

    オリーブオイルとサルディーニャ産の燻製海塩でサイコー旨旨です。

    島屋豆腐

    メインはこちら、なま揚げ(2枚)、ざる揚げ、昆布、じゃがいも(きたあかり)の炊き合わせです。昆布の戻し汁、淡口醤油、お酒、味醂で味付けです。なま揚げもざる揚げも油抜き不要、それなのにしつこくなく出汁も豊かな美味しい揚げ物です。

    島屋豆腐

    ざる豆腐を揚げたざる揚げは、中はとろとろのお豆腐で食感もとろとろふわふわ、口の中で溶けるようです。そして、

    島屋豆腐

    なま揚げは一般的な厚揚げ相当なのだと思いますが、「なま」と言うだけあって中は柔らかくお豆腐そのもの、食せば口の中で溶けるようです。この2つの揚げ物、口の中で溶けそう、って、凄いですね。

    島屋豆腐

    きたあかりもほくほく溶け始めちゃいました(旨_旨)。
    明日は椎茸、いんげん、にんじんを入れたおからだ!もう1枚あるなま揚げは、炙った上に納豆にコチュジャンと葱を和えて乗せて食べる予定。揚げは豚肉と一緒にお酢とお醤油などで味付けして炒めた丼にするつもりです。乞うご期待!!


    <本日の結界>

    鉄界

    今日は変電所にも寄り道、いや〜、ヨカッタなあ、鉄塔。

    (鉄塔続く)






     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜

     

     




     

    【クライス・フルート・ソロイスツ公演】


     

     

    Vol.225「師弟対決・Vol.1」

    ◆日 時:2018.11/16()7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
    TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥2,500− 高校生以下¥1,500−
    (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子 Pf.近藤 盟子
    Facebook

    ◆Mobile

     ソロイスツ225QR

    ◆プログラム:Webサイト
    ゴーベール:ギリシャ風ディヴェルティスマン(2Fl+Pf) 
    ゴーベール:マドリガル(2Fl+Pf) 
    タファネル:「魔弾の射手」によるファンタジー(Fl+Pf、平野) 
    タファネル:アンダンテ・パストラールとスケルツェッティーノ(Fl+Pf、上坂) 

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


     ゴーベール:ソナタ第3番G-dur(Fl+Pf、上坂) 
    サン=サーンス:6つの練習曲 Op.111より、第6番(Pf solo、近藤) 
    ゴーベール:タランテラ(2Fl+Pf)


    ソロイスツ224〜226フライヤー
     

    ↑ クリック下さい! ↑




     

    ==============================





    ◆フルートの神髄に触れよう!
    フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.52
    ◆2019年1月26日(土)

     KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
    ◆Vol.50の様子
     こちらからご覧下さい。
     

    大阪レッスンロゴ
     
    ↑ クリック下さい! ↑




     

    ==============================





    8月10日(金)発売「THE FLUTE 165号」にSpecial Contents「上手に吹くための第一歩 楽譜に強くなる!」というコーナーが特集されています。

    このコーナー内の「プロから学ぶ、コワくない譜読み」に小さい記事ですが寄稿致しました。是非ご覧下さい。お読み頂ければ大変嬉しいです(手元に数冊ありますのでご希望の方がいらっしゃいましたらご連絡下さい)。


    THE FLUTE165号
     

    ↑ クリック下さい! ↑




    JUGEMテーマ:グルメ

    JUGEMテーマ:うどん

    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育

    JUGEMテーマ:豆腐


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック