【Ver.1からの累計アクセス数】
 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>




categories

archives

[クライス行事] フルートクライス・サマーキャンプVol.37〜ご報告その1

0

    【2018フルートクライス・サマーキャンプVol.37】


    ◆開催日時:2018.8月10日(金)〜8月13日(月) 3泊4日
    ◆講  師:フルート・上坂 学(ピアノ伴奏付きアンサンブル担当)
          フルート・平野 景子(ピアノ伴奏無しアンサンブル担当)
          ピアノ・近藤 盟子
    ◆会  場:プチホテル・ゾンタック

    ◆詳  細:こちらをご覧下さい

    ◆コーンサートのプログラム:こちらからご覧下さい

    <ご報告INDEX>

          ●1日目:10日(金)

       ●2日目:11日(土)
       ●3日目:12日(日)
       ●4日目:13日(月)


    <本日の出発!>

    サマーキャンプVol.37


    さあ、いよいよサマーキャンプVol.37へ向けて出発、、、なのだが、今年は日が良すぎるのか高速のインターへ向かう一般道も渋滞、インターも渋滞、高速に乗ったら渋滞の真ん中、、、集合場所まで例年よりも1時間半ほど時間がかかりました。

    <本日の集合>

    サマーキャンプVol.37

    集合は車組と電車組とではスケジュールが違います。車組の集合は今年も上信越道横川SA(下り)であります。

    サマーキャンプVol.37

    とっても良い天気!と言うことは、クーラーの効いた車から降りると暑いのです(ーー;) 横川はまだまだ「下界」ですので30度以上あります。早く菅平に行きたい!

    サマーキャンプVol.37

    こちら、今年の車組であります。ちょうどお昼時ですので、、、

    サマーキャンプVol.37

    横川と言えば、のこれ!釜飯と、高崎名物の鶏めしであります。横にいるピアニストは、こちらも高崎名物のだるま弁当をぱくついていますが、2人で3個をシェアです。だって、どれも食べたいじゃ無いですか!!

    サマーキャンプVol.37

    新幹線が無かった子供の頃に乗った碓氷峠、先頭に2両、後ろに1両の機関車を連結して何十ものトンネルを抜け駆け上がった碓氷峠からの車窓を思い出します。その頃からの釜飯ファンであります。

    サマーキャンプVol.37


    そして鶏めし。そぼろが絶品なんですよね〜、食べ過ぎ覚悟の完食。ぐふ。これぐらい食べないとレッスンとコンサートに立ち向かえませんっ!


    <本日の寄り道>

    サマーキャンプVol.37

    高速を降り、西友で買い出しをしてちょっと寄り道。西友を出て割と近くの道沿いに結界フリー物件があるんですよね、毎年詣でております(^◇^;)

    サマーキャンプVol.37

    いつ見ても美しい結界からの眺めです。これは(他の画像も)スマホでの撮影なのですが、眩しくてモニターがとても見えにくいんですよね、半ばカンで撮りました( ̄。 ̄;)

    サマーキャンプVol.37


    と言うことで、結界記念撮影です\(^O^)/


    <本日の到着>

    サマーキャンプVol.37

    菅平高原に到着、お山の上は(ここは1,200m以上あります)ちょっと曇り。宿泊とピアノ無しアンサンブルのレッスンをする新館(左にちょっとだけ屋根が見えています)からみた本館(右)。食事は本館のレストランで。

    サマーキャンプVol.37


    オリエンテーションを終えひと休みしたらすぐにレッスン、練習です。私は、この吊り橋を渡ってピアノのあるホール(合掌館)へ向かいます。


    <本日のレッスン開始!!>

    サマーキャンプVol.37

    ホールではさっそくにピアノと合わせます。仲良しの生徒さん同士でも、日頃は会うことは少ないですからキャンプに来て初めて合わせるという方がほとんどです。緊張の1音目!

    クライス・サマーキャンプVol.37

    ホールは北陸から移設したという100年以上前の古い合掌造り。天井が高く広々していて開放感があります。こけら落としに元ベルリンフィルのフルート奏者・ブラウが演奏したそうですよ。(こういうのもあります

    サマーキャンプVol.37

    そして、皆さんあちらこちらの自由な場所で練習を始めます。会場のゾンタックにはこのようなステキなホールはありますが音楽室のような部屋はありません。その代わり空いている部屋や野外、建物の軒先やロビーなどで自由に音を出すことが出来ます。閉鎖的な音楽室では無く開放感たっぷりの野外で吹くのもとても気持ちのいいものですね。

    サマーキャンプVol.37

    手前は富山から参加のたいぞーちゃん、オープンGisの楽器を駆使してクーラウに挑みます。お相手は元クライス山形支部長のちょーなん氏、今はAKBに住んでいます(^。^)

    サマーキャンプVol.37

    こちらは乙女3人組、テレマンを合わせ中です。

    サマーキャンプVol.37

    ターフェルムジークの四重奏は3Fl+Pfと言えばこれ!的な存在の曲ですが、皆さん初挑戦でちょっと緊張気味。でも、その新鮮さも大事です。

    サマーキャンプVol.37

    宿泊する新館2Fのロビーでは景子先生の熱血指導が行われています。大きいテーブルに楽譜を広げ座って指導する様はまさに鬼教官!(@^▽^@)

    サマーキャンプVol.37

    この表情に受講者は一喜一憂することでしょう。。。

    サマーキャンプVol.37


    ホール合掌館ではフルートの合わせが終わり、ピアノでも参加の千代ゲーム&打ち上げ担当役員が連弾の合わせをしております。ピアノはYAMAHAのC5です。


    <本日の経口補水>

    サマーキャンプVol.37

    フルートのレッスンと合わせも終わりもうすぐ食事です。と言うことで熱中症対策の経口補水液を注入して本館へ!( ̄。 ̄;)


    <本日の夕食>

    サマーキャンプVol.37

    夕食は簡単なコースになっています。野菜サラダとご覧のスープ、

    サマーキャンプVol.37

    小鉢とグラタン、ここまでが前菜です。

    サマーキャンプVol.37

    そして魚料理、鰤のちょっと洋風の煮付けです。

    サマーキャンプVol.37

    ここまでのお料理。もちろんご飯もあります。これだけでお腹一杯になるのですが、このあとメインが来ます。と、その前に、、、

    サマーキャンプVol.37

    パチリ(^^)v

    サマーキャンプVol.37

    メインのお肉、赤ワインのソースかなあ、美味しかったです。でも私は食べきれないので、ピアニストにほんの一口味見させて貰い、、、

    サマーキャンプVol.37

    千代ゲーム&打ち上げ担当役員に慰労と感謝の意を表してお肉をプレゼント(*^_^*)

    サマーキャンプVol.37


    そして本日のデザートのムースです。コーヒーと紅茶、日本茶はフリーです。

    サマーキャンプVol.37

    本館から見た新館です。食事をしている間に陽は暮れ夜のコンサートの気持ちになってきました。部屋に戻りシャワーを浴びてひと休み、着替えてホールへ向かいます。



    <本年のプロムナードコンサート>

    サマーキャンプVol.37

    私のMCでコンサートは開演します。37回(37年)のサマーキャンプの中で、ちゃんとコンサートを催してきたのは実は25年前からで、それまではミニコンサートのような感じでした。2時間のコンサートの25回目にして初めてのカジュアルスタイルです。

    サマーキャンプVol.37
    1曲目のC.P.E.バッハのトリオ、

    サマーキャンプVol.37

    景子先生のバルトーク。

    サマーキャンプVol.37

    前半最後は盟子先生のシューマンであります。

    サマーキャンプVol.37

    後半最初は私のソロでドップラー、


    キャンプVol.37

    最後は近年人気の高いドリングのトリオです。女優でもあったドリングのご主人はオーボエ奏者でした。ですので、このトリオの原曲はフルート、オーボエ、ピアノの為に書かれています。


    サマーキャンプVol.37

    アンコールはサマーキャンプのお約束、盟子先生編曲の「月」です(でーたーでーたーつーきーがぁ、ですよ)。ピアノの間奏には「月の沙漠」や「うさぎ(うさぎうさぎ、なに見て跳ねる、です)」とても素敵なアレンジで私も大好きなのですが、フルートパートは容赦の無い難しさ。


    <本日の打ち上げ初日>

    サマーキャンプVol.37

    西友で買っておいたお酒とお菓子を並べて、さあ、打ち上げ初日だ!!差し入れのお酒もあって飲み物は潤沢。嬉しい〜ヽ(^。^)丿

    サマーキャンプVol.37

    そして富山から参加のたいそーちゃんからの差し入れはこれだ!これも釜飯同様子供の頃から大好きな源のますのすし。おぎのやの釜めしもこのますのすしも、駅弁の人気ランキングの上位常連ですよね。

    サマーキャンプVol.37

    嬉しい2枚入り。

    サマーキャンプVol.37

    いい香りの笹の中からますが〜(#^.^#)

    サマーキャンプVol.37

    附属のプラスチックのナイフをおらないよう気をつけながら切り分けて、、、旨いよ、これ旨い!

    サマーキャンプVol.37

    そして余興が始まりましたよ。演目はジーマンのメキシコファンタジー、なんでそんな楽譜持ってきたんだ?!

    サマーキャンプVol.37

    この大曲を最後まで吹ききって、凄いぞーーーー拍手喝采。
    一目からハイテンションに夜は更けていったのでした。。。

    (2日目へ続く)





     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜





     

    【2018フルートクライス・おさらい会Vol.7】


    ◆開催日時:2018.8月26日(日) 13:30開演(16:00終演予定)
    ◆指  導:フルート・上坂 学 ピアノ・近藤 盟子
    ◆ゲスト奏者:
    平野 景子
    ◆会  場:ムジカこどもアート3階ホール
    ◆入場料:無料
    ◆プログラム:こちらからご覧下さい

    サマーキャンプでは十分にピアノが出来ないピアノの生徒さんのために始めたミニ発表会、最近ではフルートの参加者が増えて特に今年は普通のフルート発表会の様になってきました。フルートのテーマは「無伴奏」。アノ名曲もこの難曲もプログラムに挙がっていますよ。お気軽に是非お越し下さい。


    おさらい会

    ↑↑ クリック下さい! ↑↑





     

    ==============================





    8月10日(金)発売「THE FLUTE 165号」にSpecial Contents「上手に吹くための第一歩 楽譜に強くなる!」というコーナーが特集されています。

    このコーナー内の「プロから学ぶ、コワくない譜読み」に小さい記事ですが寄稿致しました。是非ご覧下さい。お読み頂ければ大変嬉しいです。


    THE FLUTE165号



     

    ==============================



     

    【クライス・フルート・ソロイスツ公演】

    3本のフルートとピアノによる壮大な響きを!
     

     

    Vol.224「ヴィルトゥオーゾ・フルート」
    ◆日 時:2018.9/22(土)7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
    TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥2,500− 高校生以下¥1,500−
    (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子大保 麗香 Pf.近藤 盟子
    Facebook

    ◆Mobile

     Probe224QR

    ◆プログラム:Webサイト
     ボワモルティエ:アルトリコーダーと2本のフルートのためのソナタ第2番
             ト長調 Op.34-2 (3Fl+Pf)
     J.S.バッハ:2Flの為のソナタ ト短調 BWV.1029(2Fl+Pf、大保、上坂)

     

     

     −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−
     

     

     武満 徹:マスク(2Fl、上坂、平野) 
     武満 徹:ロマンス(Pf独奏、近藤) 
     クラーク:3Flとピアノの為の「Curves」(3Fl+Pf)

    ソロイスツ224〜226フライヤー

    ↑↑ クリック下さい! ↑


     

    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育

    JUGEMテーマ:風景写真

    JUGEMテーマ:グルメ

    JUGEMテーマ:ビール

    JUGEMテーマ:フェティシズム

    JUGEMテーマ:鉄塔写真


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック