【Ver.1からの累計アクセス数】
 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>




categories

archives

[食べる] 一人でも行く旨旨うどんツアーVol.7〜プチ観光付き

0

    【一人でも行く旨旨うどんツアー】
    「がっきーと行く旨旨うどんツアー」に触発されて、ツアーを待ちきれず一人で行くうどんツアー>


    今回はいつもの埼玉ですが、新規開拓です!


    第1回:2017.12月2日(土)開催
     1)元祖武蔵野うどん「めんこや」本店(&持ち帰り)
     2)田舎うどん「てつ」


    第2回:2017.12月9日(土)開催
     1)四方吉うどん本店
     2)大木うどん店(&持ち帰り)


    第3回:2018.2月25日(日)開催
     1)元祖田舎っぺうどん(北上尾店)
     2)元祖武蔵野うどん「めんこや」本店(持ち帰り)


    第4回:2018.4月10日(火)開催
     1)四方吉うどん本店
     2)元祖武蔵野うどん「めんこや」本店(&持ち帰り)

    第5回:2018.5月1日(火)開催
     本日の旨旨うどん
     1)元祖武蔵野うどん「めんこや」本店(&持ち帰り)

    第6回:2018.5月15日(火
    )開催
     本日の旨旨うどん
     1)みやふじうどん店Facebook

    第7回:2018.6月29日(金)開催
     本日の旨旨うどん
     1)うどん本舗
     2)四方吉うどん本店(生麺持ち帰りのみ)


    <本日のうどん>

    一人でも行くうどんツアーVol.7

    初訪問の「うどん本舗」さんです。看板の両サイドには朱書きで「肉汁」「冷汁」と縦書きで書かれており、肉汁と4月〜10月は夏季限定の冷や汁が人気のお店です。もちろん、私の大好きな「きのこ汁」もあります。因みに、11月〜3月の冬期限定メニューは「けんちんうどん」とのことです。

    開店時間に15分遅れたら、すでに8割方のお客さんが。オーダーして料理が出てくる前にほぼ満席でした。人気店ですね。

    一人でも行くうどんツアーVol.7

    具だくさんのきのこ汁、椎茸、しめじ、なめこ、ねぎ、揚げが食べきれないほど。きのこ汁と言っても(きのこ類は)椎茸だけのお店が多い中(一番好きなめんこや四方吉田舎っぺも椎茸だけ)、この気前の良さは嬉しいです。麺は中盛り600gです(小は400g、大は800g)。

    一人でも行くうどんツアーVol.7

    こちらは季節限定の冷や汁です。たくさんのきゅうり、大葉、茗荷が爽やかで美味しいです。こちらも麺に対して余るほどの量。気が付かなかっただけで、スープ割りのようなものが頂けたのかも知れません。またはご飯(「美味しいご飯、こしひかり」という名前)があるので、ドボンするのかも。

    一人でも行くうどんツアーVol.7

    めんこやや四方吉よりもさっぱり淡泊な印象ですが、この麺も美味しい!1/4ほどは麺だけで何も付けず食べてしまいました。


    一人でも行くうどんツアーVol.7

    武蔵野うどんのど定番サイドメニュー、きんぴらももちろんオーダー。極太のごぼうは柔らかかったです。

    一人でも行くうどんツアーVol.7

    そして今日は豪勢に穴子天も(^o^)
    さてさて、お腹一杯になりました。少し散歩することに。



    <本日のプチ観光>

    一人でも行くうどんツアーVol.7

    昨年、落としてスマホの裏面を蜘蛛の巣にしてしまった想い出の場所、喜多院です( ̄。 ̄;)。

    一人でも行くうどんツアーVol.7

    1638年の川越大火でほぼ消失してしまった喜多院ですが、徳川家光によって再建する際に、家光が住んでいた客殿、書院などをそのまま江戸城から移築したそうです。トイレやお風呂と共に、「春日局化粧の間」もそのまま移築されました。この日も猛暑でしたが、薄暗い畳の部屋はひんやりしていました。


    一人でも行くうどんツアーVol.7

    こちらは境内にある「五百羅漢」です。釈迦如来、阿弥陀如来、地蔵菩薩など全部で538体が所狭しと鎮座しています。太鼓を叩くお地蔵様がいたので、笛を吹いているお地蔵様はいないかと探しましたが、、、残念ながらいらっしゃいませんでした。

    帰りに四方吉うどん本店に寄って生麺をゲット。今回は紅生姜天乗せのかすうどんにする予定なのです。そのために塊の紅生姜をゲット済みなのでした\(^o^)/


    <本日のいつもの萌え萌え>

    一人でも行くうどんツアーVol.7

    四方吉うどん本店へ行く途中に通る、最早お馴染みの新古河線44番鉄塔、500KV前回)。

    一人でも行くうどんツアーVol.7

    500KVと大型に属する鉄塔なのに結界フリーが嬉しい。何度でも入りたくなりますね。でも、真に結界に立つのは難しいです。今回もやや右にずれてしまいました。逆光でスマホのモニターが分かりにくい、という事もあります。。。

    一人でも行くうどんツアーVol.7

    のどかな田園風景に大型鉄塔、萌え萌えであります。


    (うどん続く)



     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜




     

    【2018フルートクライス・サマーキャンプVol.37】


    ◆開催日時:2018.8月10日(金)〜8月13日(月) 3泊4日
    ◆講  師:フルート・上坂 学平野 景子 ピアノ・近藤 盟子
    ◆会  場:プチホテル・ゾンタック
    ◆参加費:¥48,000−
         期間中のレッスン6回、食事、施設使用料、写真代を含みます。
         会場までの往復交通費は含みません(各自ご負担下さい)

    ◆詳  細:こちらをご覧下さい

    クライス・サマーキャンプ37ロゴ

    ↑↑ クリック下さい! ↑↑



    ●フルート三昧の楽しい4日間!

    ●ピアノ伴奏付きアンサンブル、ピアノ伴奏無しアンサンブルの2曲を仕上げます。

    ●それぞれの曲を3回レッスン。
     計6回のアンサンブルレッスンを受講出来ます。

    ●初日夜には講師陣によるプロムナードコンサートを開催。
     (まだリクエスト間に合います!)

    ●2日目夜はリクリエーションDay。
     景品をかけたゲームを予定。
     希望者が多ければ音楽基礎講座の開講もあります。

    ●2日目から合唱も楽しみます。
     今年も、佐藤 眞作曲・山之井愼作詞:混声合唱のための組曲「旅」より、
     「旅のよろこび」を。

    ●ムラマツ技術者による無料調整会を予定しています。
     実施の際は、試奏用のムラマツモデルをご用意します。

    ●3日目夜は皆さんの発表会!

    ●4日目、チェックアウト後にはランチも一緒に。

    是非お気軽にエントリー下さい!!
    お得感満載の4日間です。




     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




     

    【クライス・フルート・ソロイスツ公演】

    フルートの世界では絶大な人気と憧れのフルート奏者ドップラーの特集です。
     
    Vol.223「音楽自由人・モーツァルト」
    ◆日 時:2018.7/15(土)2:30p.m.開演(2:00p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥2,500− 高校生以下¥1,500−
         (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.
    上坂 学平野 景子 Vo.平野 太一朗 Pf.近藤 盟子

    ◆プログラム:
      アレグロとアンダンテ(幻想曲ヘ短調、2Fl+Pf)
      フルートソナタ変ロ長調 KV.10(Fl+Pf、平野)
      フルート四重奏第3番ハ長調 KV.285b(Fl+Pf、上坂)
      トルコ行進曲(ソナタ第11番イ長調より第3楽章、Pf、近藤)

            〜〜〜 Tea Time 〜〜〜

      おいらは鳥刺し(Vo+Pf)
      何と美しい絵姿(Vo+Pf)
      恋を知る男たちは(2Fl)
      なんという笛の音色だ(Vo+Fl+Pf)
      誰にでも恋の喜びが(Vo+Pf)
      復讐の心は地獄のように我が心に燃え(2Fl)
      私たちはもう会えないの(2Fl)
      娘か女か、パパゲーノはどちらが欲しい(2Fl+Pf)

    Facebookイベントページ

     


    ソロイスツVol.221〜Vol.223フライヤー

    ↑ クリック下さい! ↑




    JUGEMテーマ:グルメ

    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育

    JUGEMテーマ:うどん


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック