【Ver.1からの累計アクセス数】
 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>




categories

archives

[クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.219「ザ・トリオVI〜Sterling tonesIII〜フルートアンサンブル名曲集」へ向けてどうやって練習しているかというと〜その1

0

    ザ・トリオV〜Sterling tonesIII〜フルートアンサンブル名曲集
    ◆公演日:2018.2月12日(月・祝)2:30p.m. 開演(2:00p.m.開場)
    ◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子平野 景子
    ◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
    ◆お話し:大竹 亮
    ◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
    (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー(チラシ)拡大画像
    ◆スマホはQRコードから(Vol.219専用)

    Vol.219QR
    ◆プログラム
     ヨハン・マッテゾン:三重奏曲 ハ長調(3Fl) 
     メンデルスゾーン:「真夏の夜の夢」より、スケルツォ(2Fl、平野、大前) 
     モーツァルト:きらきら星変奏曲(フランスの歌曲「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」による12の変奏曲 KV.300e[265]、2Fl、上坂、大前) 

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


     ワルキエ:3本のフルートの為の3つのトリオより、第1番変ホ長調 Op.93-1(3Fl) 
     クンマー:華麗なる三重奏曲 ニ長調 Op.30(3Fl)


    Probe219

    さすが腹式呼吸が完璧なフルート奏者、深いブレスで共演者を吸い込んでしまいました、、、

    Probe219

    冗談はさておき、来週月曜に迫ったソロイスツVol.219の練習初日です。

    Probe219

    こちら、景子ちゃんと翔子ちゃんとで演奏するデュオです。オーケストラのフルートソロとしてとても有名なメンデルスゾーンの作品、ブレスするところがほとんど無く高度な技術も要求される難曲です。私と翔子ちゃんとのデュオはモーツァルトの「きらきら星変奏曲」、その他、マッテゾン、そしてワルキエとクンマーのロマン派の作品をお届けします。

    現在のベルギー生まれのワルキエはフランス・パリ音楽院でかの巨匠トゥルーに師事した偉大なフルート奏者です。現在でも彼の作品はフランス・フルート界の重要な作品とされています。クンマーはオーストリアのフルートの巨匠です。ロマン派の真ん中を生きたクンマーの作品は、その時代通りロマンティックで詩情に溢れています。一度聴けば忘れられない、フルート愛好家ならすぐにでも吹きたくなるような作品です。マッテゾンはドイツのバロック時代の作曲家で、「調性格論」という著書が有名です。「調性格論」とは、簡単に言えば調による色彩感の違いを論じたものです。


    Probe219

    たっぷり練習して、、、

    Probe219

    本番目指して頑張るよ〜(^o^)
    皆様のお越しをお待ち申し上げております。







     

    〜〜〜 お知らせ 〜〜〜




    ◆クライス・フルート・ソロイスツ公演
    Vol.219:2018.2/12(月・祝)2:30p.m.開演(2:00p.m.開場)
    (開催時間等にご注意下さい)

    Vol.220:2018.3/17(土)7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
    TEL.03-3361-2211
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん


    ソロイスツ218〜220フライヤー
    ↑ クリック下さい! ↑


     

    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:クラシック音楽


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック