【Ver.1からの累計アクセス数】
 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>




categories

archives

[クライス・フルート・ソロイスツ] 明日はVol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」の公演日です

0


    明日はソロイスツの公演日です


    <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


    Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」


    ◆日 時:2020.2/237:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     ソロイスツ235QR

    ◆プログラム:Webサイト

     ・ヘンデル:トリオソナタ 変ロ長調 Op.5-7/HWV.402(2Fl+Pf)
     ・ヘンデル:フルートと通奏低音の為のソナタ ロ短調 Op.1-9/HWV.367b(Fl+Pf、平野)

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−


     ・J.S.バッハ:ソナタ ハ短調 BWV.1017(原曲:ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ)
     ・ヘンデル:チェンバロのための組曲第5番 HWV.430(ピアノ独奏、近藤)
     ・ヘンデル:トリオソナタ イ長調 Op.5-1/HWV.396(2Fl+Pf)

     

    *********************************

     今回の私の使用楽器は、頭部管銀製、他部分は洋銀製に銀メッキというエントリーモデルです。エントリーモデルとは言っても設計は総金製やプラチナ製の高額楽器と同じで、単に素材が違うと言うだけのプロの使用に全く問題なく対応出来る素晴らしい楽器です。

     材質は優劣では無く個性の違いであり、好みや音楽的な趣味によってチョイスされるのです。不当に低く見られがちな洋銀製の楽器でも素晴らしい音楽を奏でられるという事を示したいと思っています。ただ、銀や金の楽器が必要無いという意味ではありません。それらの楽器は洋銀製の楽器よりも優れた性能も持ち合わせています。どの材質をチョイスするかは、奏者の好み、使用するシチュエーションで大きく違ってきます。

     広く大きなホールが主なら金やプラチナ製の楽器が有利ですし(いわゆる「遠鳴り」的に)、小さい会場が主の場合はどんな素材でも不安はありません。もちろん音色や吹き心地の好みで小さいホールで金やプラチナ製の楽器を使うことは当たり前に良くあることです。今回はヘンデルやバッハの表現手法の観点から洋銀製の楽器を使いたくなりました。

    *********************************


    バッハの楽譜

    ヘンデルの特集ですが比較演奏でバッハも演奏します。ヘンデルも素晴らしいですけど、バッハも素晴らしい!ワクワクする美しさです。

    皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。






     

    〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜



     

     

    <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


    Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」


    ◆日 時:2020.2/237:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
    ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
         TEL.03-3361-2211
    ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
        (未就学児の入場はご遠慮下さい)
    フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
    ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子
    ◆お話し:大竹 亮
    Facebook

    ◆Mobile

     ソロイスツ235QR

    ◆プログラム:Webサイト

     ・ヘンデル:トリオソナタ 変ロ長調 Op.5-7/HWV.402(2Fl+Pf)
     ・ヘンデル:フルートと通奏低音の為のソナタ ロ短調 Op.1-9/HWV.367b(Fl+Pf、平野)

     

    −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−


     ・J.S.バッハ:ソナタ ハ短調 BWV.1017(原曲:ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ)
     ・ヘンデル:チェンバロのための組曲第5番 HWV.430(ピアノ独奏、近藤)
     ・ヘンデル:トリオソナタ イ長調 Op.5-1/HWV.396(2Fl+Pf)


    ソロイスツ・フライヤー233-235
     

    ↑ クリック下さい! ↑




     

    ==============================




     

    <<フルートクライス関西・大阪レッスン>>


    ◆フルートの神髄に触れよう!
     フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.58
    ◆2020年1月25日(土)

     KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
    ◆Vol.57の様子
     こちらからご覧下さい。
    スマホはこちらのQRコードから
     大阪レッスンQR
     

    大阪レッスンロゴ
     

     

    ↑ クリック下さい! ↑




    JUGEMテーマ:フルート

    JUGEMテーマ:クラシック音楽

    JUGEMテーマ:音楽教育


    [クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」へ向けてどうやって練習しているかというと:その4〜本日の旨旨飲み

    0

      <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


      Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」


      ◆日 時:2020.2/237:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
      ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
           TEL.03-3361-2211
      ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
          (未就学児の入場はご遠慮下さい)
      フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
      ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子
      ◆お話し:大竹 亮
      Facebook

      ◆Mobile

       ソロイスツ235QR

      ◆プログラム:Webサイト

       ・ヘンデル:トリオソナタ 変ロ長調 Op.5-7/HWV.402(2Fl+Pf)
       ・ヘンデル:フルートと通奏低音の為のソナタ ロ短調 Op.1-9/HWV.367b(Fl+Pf、平野)

       

      −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−


       ・J.S.バッハ:ソナタ ハ短調 BWV.1017(原曲:ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ)
       ・ヘンデル:チェンバロのための組曲第5番 HWV.430(ピアノ独奏、近藤)
       ・ヘンデル:トリオソナタ イ長調 Op.5-1/HWV.396(2Fl+Pf)

       

      *********************************

       今回の私の使用楽器は、頭部管銀製、他部分は洋銀製に銀メッキというエントリーモデルです。エントリーモデルとは言っても設計は総金製やプラチナ製の高額楽器と同じで、単に素材が違うと言うだけのプロの使用に全く問題なく対応出来る素晴らしい楽器です。

       材質は優劣では無く個性の違いであり、好みや音楽的な趣味によってチョイスされるのです。不当に低く見られがちな洋銀製の楽器でも素晴らしい音楽を奏でられるという事を示したいと思っています。ただ、銀や金の楽器が必要無いという意味ではありません。それらの楽器は洋銀製の楽器よりも優れた性能も持ち合わせています。どの材質をチョイスするかは、奏者の好み、使用するシチュエーションで大きく違ってきます。

       広く大きなホールが主なら金やプラチナ製の楽器が有利ですし(いわゆる「遠鳴り」的に)、小さい会場が主の場合はどんな素材でも不安はありません。もちろん音色や吹き心地の好みで小さいホールで金やプラチナ製の楽器を使うことは当たり前に良くあることです。今回はヘンデルやバッハの表現手法の観点から洋銀製の楽器を使いたくなりました。

      *********************************


      Probe235〜4日目

      明後日のソロイスツへ向けての最後の合わせです。あとは、当日に確認程度の合わせで本番に挑みます。

      合わせはいくらやっても、これで良い、とはなりません。合わせれば合わせるほど理解が深まり新たな先が見えてくるからです。しかし、本番はやって来ます。本番に現在のベストが尽くせるよう高度な意味での妥協も必要です。その妥協点を見いだすことは重要で見いだせれば幸せな事なのですね。今日は、そんな妥協点を決定することが出来ました。本番が楽しみです。


      <本日の賄い>

      Probe235〜4日目

      練習お疲れです。
      景子ちゃんがソロを合わせている間に賄いをちゃちゃっと作りましたよ。

      Probe235〜4日目

      本日のメニューは生姜ごはんと鶏胸肉とカラーピーマンのぶんぶん醤油炒めです。

      Probe235〜4日目

      研いだ白米3合に市販の十六穀(押麦、黒米、白麦、もち米、黒豆、小豆、焙煎発芽玄米、発芽玄米、たかきび、はと麦、緑米、赤米、アマランサス、米粒麦、もちきび、ひえ)60gを加え、生姜の千切りたくさん、油抜きした油揚げ2枚(細短冊切り)をうどん用に作ってあったいりこ出汁で炊いていきます。炊けたらお茶碗によそい、千切りの生姜と大葉を飾って旨旨です。ほんのりいりこ出汁の風味が心地イイ。

      Probe235〜4日目

      こちらは鶏胸肉とカラーピーマンのぶんぶん醤油炒めです。

      鶏胸肉は皮を剥いで細切りにし、お酒と片栗粉で下味を付けておきます。ぶんぶんにんにくぶんぶん生姜で炒めたら一旦取り出し、フライパンをさっと拭き取りオリーブオイルを足してピーマンを強火でささっと炒め塩胡椒で下味を付けます。鶏肉を戻し炒め合わせたら、鍋縁から返しを回しかけて完成です。これ、シンプル味付けですけど旨旨ですよ〜\(^O^)/

      さあ、明後日目指して頑張りましょう!!


      <本日の旨旨飲み>

      ムラマツ、伊藤、丹下、飲み

      久々の飲みでありました。右からムラマツ新宿店長の丹下さん、頼れる後輩の伊藤君です。丹下さんは弘前でのイベント新宿でのイベントでも大変お世話になっています(本年4月19日(日)のイベントでもお話し頂きますよ!)。伊藤君は東京だけで無く酒田でのイベントサマーキャンプでもお世話になっている頼れるリペアマンです。昨年の大発表会Vol.29でも調整で大変お世話になりました

      ムラマツ、伊藤、丹下、飲み

      そんな今日は和食屋さんで旨旨です。まずはビールで締め鯖などを( ^_^)/□☆□\(^_^ )

      ムラマツ、伊藤、丹下、飲み

      揚げ物なども挟みつつ、刺し盛りで日本酒へスイッチ。頂いたのは福井のお酒「花垣〜純米無濾過生原酒」、旨味がガツンときますが後味スッキリ、また違った旨味の余韻に浸れます。花垣の次は、山形県天童市の出羽桜酒造「桜花吟醸酒」を。スッキリ爽やかで旨旨でした\(^^@)/


      ムラマツ、伊藤、丹下、飲み

      シメは、土鍋で炊いた鯛ご飯ヽ(^。^)丿
      お腹一杯、楽しいひとときでした。ありがとうございます。






       

      〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜



       

       

      <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


      Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」


      ◆日 時:2020.2/237:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
      ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
           TEL.03-3361-2211
      ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
          (未就学児の入場はご遠慮下さい)
      フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
      ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子
      ◆お話し:大竹 亮
      Facebook

      ◆Mobile

       ソロイスツ235QR

      ◆プログラム:Webサイト

       ・ヘンデル:トリオソナタ 変ロ長調 Op.5-7/HWV.402(2Fl+Pf)
       ・ヘンデル:フルートと通奏低音の為のソナタ ロ短調 Op.1-9/HWV.367b(Fl+Pf、平野)

       

      −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−


       ・J.S.バッハ:ソナタ ハ短調 BWV.1017(原曲:ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ)
       ・ヘンデル:チェンバロのための組曲第5番 HWV.430(ピアノ独奏、近藤)
       ・ヘンデル:トリオソナタ イ長調 Op.5-1/HWV.396(2Fl+Pf)


      ソロイスツ・フライヤー233-235
       

      ↑ クリック下さい! ↑




       

      ==============================




       

      <<フルートクライス関西・大阪レッスン>>


      ◆フルートの神髄に触れよう!
       フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.58
      ◆2020年1月25日(土)

       KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
      ◆Vol.57の様子
       こちらからご覧下さい。
      スマホはこちらのQRコードから
       大阪レッスンQR
       

      大阪レッスンロゴ
       

       

      ↑ クリック下さい! ↑


       

      JUGEMテーマ:グルメ

      JUGEMテーマ:韓国料理!

      JUGEMテーマ:クラシック音楽

      JUGEMテーマ:音楽教育

       


      [クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」へ向けてどうやって練習しているかというと:その3

      0

        <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


        Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」


        ◆日 時:2020.2/237:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
        ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
             TEL.03-3361-2211
        ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
            (未就学児の入場はご遠慮下さい)
        フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
        ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子
        ◆お話し:大竹 亮
        Facebook

        ◆Mobile

         ソロイスツ235QR

        ◆プログラム:Webサイト

         ・ヘンデル:トリオソナタ 変ロ長調 Op.5-7/HWV.402(2Fl+Pf)
         ・ヘンデル:フルートと通奏低音の為のソナタ ロ短調 Op.1-9/HWV.367b(Fl+Pf、平野)

         

        −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−


         ・J.S.バッハ:ソナタ ハ短調 BWV.1017(原曲:ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ)
         ・ヘンデル:チェンバロのための組曲第5番 HWV.430(ピアノ独奏、近藤)
         ・ヘンデル:トリオソナタ イ長調 Op.5-1/HWV.396(2Fl+Pf)

         

        *********************************

         今回の私の使用楽器は、頭部管銀製、他部分は洋銀製に銀メッキというエントリーモデルです。エントリーモデルとは言っても設計は総金製やプラチナ製の高額楽器と同じで、単に素材が違うと言うだけのプロの使用に全く問題なく対応出来る素晴らしい楽器です。

         材質は優劣では無く個性の違いであり、好みや音楽的な趣味によってチョイスされるのです。不当に低く見られがちな洋銀製の楽器でも素晴らしい音楽を奏でられるという事を示したいと思っています。ただ、銀や金の楽器が必要無いという意味ではありません。それらの楽器は洋銀製の楽器よりも優れた性能も持ち合わせています。どの材質をチョイスするかは、奏者の好み、使用するシチュエーションで大きく違ってきます。

         広く大きなホールが主なら金やプラチナ製の楽器が有利ですし(いわゆる「遠鳴り」的に)、小さい会場が主の場合はどんな素材でも不安はありません。もちろん音色や吹き心地の好みで小さいホールで金やプラチナ製の楽器を使うことは当たり前に良くあることです。今回はヘンデルやバッハの表現手法の観点から洋銀製の楽器を使いたくなりました。

        *********************************


        Probe235−3

        今週末のソロイスツへ向けて3回目の練習でありました。
        今回取り上げるヘンデルはバロック時代(他にバッハやヴィヴァルディなどが活躍した時代)の音楽家ですので、その作品を演奏する場合には「装飾」という楽譜には書かれていない即興を付け加えなくてはなりません。装飾はスイーツや洋服など様々なジャンルと同じでそもそもの素材を活かす物で無ければならず、演奏家にセンスと高度な知識、技術が要求されます。

        装飾はいつでも同じというわけでは無く、その場の雰囲気、奏者の気分、奏者の調子、本番なら聴衆の反応などによってその場で変化していく物です。練習では、本番がどのような状況であっても対応出来るように様々な装飾や演奏スタイルを試す場でもあります。今日も前回にはなかった装飾も施され、もっと練習したい、という欲求が芽生えてきます。練習は多くても3回、通常は2回なのですが、装飾を今一度確認したいともう1回の練習を設定しました。4回の練習は極めて希です。それほどの意気込みを共演者から感じるのですね。

        Probe235−3

        2曲のアンサンブルの合わせが終わって、景子ちゃんのソロの合わせが始まりました。7楽章からなる大きなロ短調のソナタです。私も大好きな雄大なソナタです。

        さて、練習している間に私は賄いの準備です。。。


        <本日の賄いは椎茸づくし>

        Probe235−3

        いつもながらナイスなリアクションをしてくれる景子ちゃんであります。本当はひやあつうどんを作る予定でしたが、続くレッスンまで時間が迫ってしまったのでクラッカー(←美味しいヤツ)で代用なのです。

        Probe235−3

        まずは生椎茸のぶんぶんソテー、ぶんぶんにんにくとぶんぶん生姜、お塩、黒胡椒がりがり、お醤油、そして今日は隠し味にカレー粉です。美味しいですよ〜。石突きは取り除き茎も粗みじん切りにして加えます。最後にフレッシュパセリの粗みじん切りで旨旨に完成です。

        Probe235−3

        もう一品は生椎茸のマヨチーズ焼きです。
        ズワイガニの缶詰の身をほぐし粗みじん切りの椎茸の茎を加え、マヨネーズ、お醤油、スイートチリ、オレガノ、ドライパセリで味付けします。椎茸の上にたっぷり乗せ、溶けるチーズを乗せてオーブントースターで焼けば完成です。私は椎茸がある程度焼けてからチーズを乗せます。旨旨ですよ〜\(^O^)/


        Probe235−3
         

        皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます!




         

        〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜



         

         

        <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


        Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」


        ◆日 時:2020.2/237:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
        ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
             TEL.03-3361-2211
        ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
            (未就学児の入場はご遠慮下さい)
        フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
        ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子
        ◆お話し:大竹 亮
        Facebook

        ◆Mobile

         ソロイスツ235QR

        ◆プログラム:Webサイト

         ・ヘンデル:トリオソナタ 変ロ長調 Op.5-7/HWV.402(2Fl+Pf)
         ・ヘンデル:フルートと通奏低音の為のソナタ ロ短調 Op.1-9/HWV.367b(Fl+Pf、平野)

         

        −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−


         ・J.S.バッハ:ソナタ ハ短調 BWV.1017(原曲:ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ)
         ・ヘンデル:チェンバロのための組曲第5番 HWV.430(ピアノ独奏、近藤)
         ・ヘンデル:トリオソナタ イ長調 Op.5-1/HWV.396(2Fl+Pf)


        ソロイスツ・フライヤー233-235
         

        ↑ クリック下さい! ↑




         

        ==============================




         

        <<フルートクライス関西・大阪レッスン>>


        ◆フルートの神髄に触れよう!
         フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.58
        ◆2020年1月25日(土)

         KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
        ◆Vol.57の様子
         こちらからご覧下さい。
        スマホはこちらのQRコードから
         大阪レッスンQR
         

        大阪レッスンロゴ
         

         

        ↑ クリック下さい! ↑




        JUGEMテーマ:グルメ

        JUGEMテーマ:フルート

        JUGEMテーマ:クラシック音楽

        JUGEMテーマ:音楽教育


        [クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」へ向けてどうやって練習しているかというと:その2

        0

          <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


          Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」


          ◆日 時:2020.2/237:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
          ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
               TEL.03-3361-2211
          ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
              (未就学児の入場はご遠慮下さい)
          フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
          ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子
          ◆お話し:大竹 亮
          Facebook

          ◆Mobile

           ソロイスツ235QR

          ◆プログラム:Webサイト

           ・ヘンデル:トリオソナタ 変ロ長調 Op.5-7/HWV.402(2Fl+Pf)
           ・ヘンデル:フルートと通奏低音の為のソナタ ロ短調 Op.1-9/HWV.367b(Fl+Pf、平野)

           

          −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−


           ・J.S.バッハ:ソナタ ハ短調 BWV.1017(原曲:ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ)
           ・ヘンデル:チェンバロのための組曲第5番 HWV.430(ピアノ独奏、近藤)
           ・ヘンデル:トリオソナタ イ長調 Op.5-1/HWV.396(2Fl+Pf)

          *今回の私の使用楽器は、頭部管銀製、他部分は洋銀製に銀メッキというエントリーモデルです。エントリーモデルとは言っても設計は総金製やプラチナ製の高額楽器と同じで、単に素材が違うと言うだけのプロの使用に全く問題なく対応出来る素晴らしい楽器です。材質は優劣では無く個性の違いであり、好みや音楽的な趣味によってチョイスされる分けです。不当に低く見られがちな洋銀製の楽器でも素晴らしい音楽を奏でられるという事を示したいと思っています。ただ、銀や金の楽器が必要無いという意味ではありません。それらの楽器は洋銀製の楽器よりも優れた性能も持ち合わせています。どの材質をチョイスするかは、奏者の好み、使用するシチュエーションで大きく違ってきます。


          Probe235

          合わせ2日目です。

          ヘンデルは、想像するに曲の終止形を大袈裟に、モダーン的に言えばラレンタンドを大袈裟に表現したかったのだと思います。その根拠の一つは楽章の最後に「Adagio」や「Largo」等の遅いテンポを示唆する感情用語が書かれている点です。単純に解釈すれば、その部分でガクッとテンポを落とす分けなのですが、大抵の場合その部分に短いカデンツァを演奏します。トリオソナタの場合は1st.がカデンツァを演奏し、2nd.とピアノは和声を奏でてカデンツァが終わるのを待つわけです。今日の練習ではそのカデンツァ部分の合わせに多くの時間を要しました。一人で考えるカデンツァと、実際に合わせてみてのカデンツァには違いを感じるのでその修正をしなければならないからです。

          そして景子ちゃんのソロ。ヘンデルのソナタの中で一番大きい規模といって過言では無いロ短調のソナタ、組曲のように7楽章からなる壮大な構成です。テンポは各楽章間で綿密な関係があり、だからこその音楽解釈が導き出されますので、テンポ設定は繊細な注意と趣味の良い感性が求められます。

          Probe235

          ソナタはフルート1本と通奏低音ですから、装飾もトリオソナタより自由度が格段に増します。装飾は付けても良い、ではなく付けなくてはならないmustな項目で、作曲者ヘンデルも演奏者が装飾を施すことを前提で作曲しています。先に述べた楽章終わりの「Adagio」等も前提の一つです。

          通奏低音を見ながら合わせる景子ちゃん。
          これは当時の様式からすれば当然の事とも言えます。それは装飾は「即興」という一面があるからで、相手(通奏低音)が何をしているかを常に注意しながら演奏しなければ最適な装飾が導き出されないからです。現在売られているベーレンラーター版のパート譜はフルートのみの印刷となってしまいましたが、以前のベーレンライター版はヘンデルが作曲した通りのフルートパートと通奏低音パート2段の表記で、それとは別にベーレンラーター社の学芸員が考えたオブリガート(ピアノの右手部分)が印刷された通奏低音楽譜という構成でした。以前はモダーン譜でも通奏低音を見ながら演奏していたわけです。

          さて、来週あと1回練習があります。それまでに私も装飾を精査してもっと面白いことが出来る様にしたいですね(^^)v


          <本日の賄い>

          Probe235

          弘前で作って美味しかったじゃがいもとコンビーフのマヨネーズソテー、今日は胡麻のパンといちごのコンポート添えです。

          Probe235

          今日はオリーブオイルでソテー、フレッシュパセリを買い忘れたのでドライパセリなのがちょっと残念でありましたが、旨旨!に出来上がりました。

          Probe235

          はい、景子ちゃんにも喜んで頂けました\(^O^)/





           

          〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜



           

           

          <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


          Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」


          ◆日 時:2020.2/237:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
          ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
               TEL.03-3361-2211
          ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
              (未就学児の入場はご遠慮下さい)
          フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
          ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子
          ◆お話し:大竹 亮
          Facebook

          ◆Mobile

           ソロイスツ235QR

          ◆プログラム:Webサイト

           ・ヘンデル:トリオソナタ 変ロ長調 Op.5-7/HWV.402(2Fl+Pf)
           ・ヘンデル:フルートと通奏低音の為のソナタ ロ短調 Op.1-9/HWV.367b(Fl+Pf、平野)

           

          −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−


           ・J.S.バッハ:ソナタ ハ短調 BWV.1017(原曲:ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ)
           ・ヘンデル:チェンバロのための組曲第5番 HWV.430(ピアノ独奏、近藤)
           ・ヘンデル:トリオソナタ イ長調 Op.5-1/HWV.396(2Fl+Pf)


          ソロイスツ・フライヤー233-235
           

          ↑ クリック下さい! ↑




           

          ==============================




           

          <<フルートクライス関西・大阪レッスン>>


          ◆フルートの神髄に触れよう!
           フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.58
          ◆2020年1月25日(土)

           KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
          ◆Vol.57の様子
           こちらからご覧下さい。
          スマホはこちらのQRコードから
           大阪レッスンQR
           

          大阪レッスンロゴ
           

           

          ↑ クリック下さい! ↑




          JUGEMテーマ:グルメ

          JUGEMテーマ:フルート

          JUGEMテーマ:クラシック音楽

          JUGEMテーマ:音楽教育


          [クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」へ向けてどうやって練習しているかというと

          0

            <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


            Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」


            ◆日 時:2020.2/237:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
            ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
                 TEL.03-3361-2211
            ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
                (未就学児の入場はご遠慮下さい)
            フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
            ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子
            ◆お話し:大竹 亮
            Facebook

            ◆Mobile

             ソロイスツ235QR

            ◆プログラム:Webサイト

             ・ヘンデル:トリオソナタ 変ロ長調 Op.5-7/HWV.402(2Fl+Pf)
             ・ヘンデル:フルートと通奏低音の為のソナタ ロ短調 Op.1-9/HWV.367b(Fl+Pf、平野)

             

            −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−


             ・J.S.バッハ:ソナタ ハ短調 BWV.1017(原曲:ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ)
             ・ヘンデル:チェンバロのための組曲第5番 HWV.430(ピアノ独奏、近藤)
             ・ヘンデル:トリオソナタ イ長調 Op.5-1/HWV.396(2Fl+Pf)

            Probe235

            昨日の節分の豆まきに使った落花生を持つ景子ちゃん。
            今日は2週間後2月23日(日)開催のソロイスツVol.235の初合わせです。

            Probe235

            さっそく合わせ、、、の前に、3月28日(土)公演Vol.236で演奏予定の作品を実際に音にしてみてチェックです。そろそろフライヤー印刷の原稿期限なのですね。

            その曲とはドップラーの「ハンガリーの羊飼いの歌幻想曲」という、1856年ドップラー兄弟共作のデュオです。冒頭の1st.フルートにはあの有名な「ハンガリー田園幻想曲」のモティーフが出現するというびっくりなフルートアンサンブル。まだまだ演奏される機会が少ない作品ですよ(^o^)

            さて、本題。ヘンデルのトリオ2曲から合わせて行きます。
            まずは1曲目に演奏する、景子ちゃんが1st.を担当するトリオソナタ 変ロ長調 Op.5-7/HWV.402から。今回演奏するトリオソナタ2曲はどちらも2本のヴァイオリンと通奏低音の為に作曲されていて、その音型はヴァイオリン特有の物も多くフルートの為の作品とはちょっと違ったアプローチが必要になってきます。

            まず、低い音域での活発な動きは弦楽器特有の物で、フルートには苦手の分野です。もちろんフルートでは出せない低音域も出てきますので、その意味(何故その音域が遣われているか)を精査して一番適した音の変更を行います。その上で歯切れの良い、決して大音量を求めない冷静な奏法が求められます。その様に丁寧に練習していくことでちょっと吹いただけでは見えない音楽が見えて来ます。これで良い、と思ってから何度も演奏する事で見えなかった世界が増えてきます。

            もう1曲のトリオ・イ長調 Op.5-1/HWV.396は私が1st.を担当します。
            B-durのトリオもそうでしたが、ヘンデルの音楽はとにかく明るいのですね。同い年のバッハとの一番の違いでしょうか。天真爛漫と感じる事も多々あります。イタリアやイギリスと、ヨーロッパを駆け巡った経験が音楽へ投影されているのでしょう、演奏していても気持ちが華やいで来ます。

            トリオの練習が終われば景子ちゃんのソロの合わせです。
            h-mollのソナタは一番長大で7楽章もあります。荘厳な1楽章、「水上の音楽」を短調にしたような2楽章、軽快で明るい3楽章、重々しい4楽章、曲中一番早いalla breveの5楽章、愁いがあり気持ちが優しくなる6楽章、6/8拍子のメヌエットの7楽章という構成です。ソナタと言うよりも組曲のような構成が特徴的なソナタですね。最終楽章のメヌエットは6/8拍子という珍しい物で、演奏するテンポに対しては時折議論の的になる事もあります。何せメヌエットというのは「1小節を1拍で取る」という大前提がありますし、メヌエットは3拍子なのに6/8は3拍子が2つまとまった2拍子(123-223)です。通常は6/8の1小節を3/8の2小節として演奏する事が殆どです。景子ちゃんがどのような解釈で挑むのかも楽しみですね!


            <本日の賄い>

            Probe235

            お疲れ〜(*^_^*)

            Probe235

            練習が終わって賄いタイム!!(o゜▽゜)o

            Probe235

            前菜(というか、おかず)は野菜とコーンのバター醤油炒めです。
            深目のフライパンにバターを熱し、短冊切りのにんじん、しめじを炒め、しんなりしてきたらほうれん草(生)の茎、葉、と加え、最後に水を切ったスイートコーンの缶詰をたっぷり加え塩胡椒で味を調えます。最後にお醤油をフライパンの縁から回しかけて完成です。野菜たっぷり、お肉が無くても食べ応え十分で旨旨です。

            Probe235

            そしてメインはかすうどんです。
            昨晩から干し椎茸と日高昆布を水出ししておき、食べる時に温め鰹節を加えて返しとお塩で味を付けします。別の鍋に食べる分量を移し油かすを加え一煮立ちさせます。

            今回の麺は山形で10月〜3月までの冬の間だけ売り出される「打饂飩(ぶつうどん)」。年末に20袋買い冷凍保存してあるのです(^_^)v そのうどんを温め、お湯を切った熱々を器に移したらこちらも熱々のお出汁をかけ、とろろ昆布を添えて完成です。昆布と椎茸の出汁に油かすの出汁が加わり、追い打ちを掛けるようにとろろ昆布の出汁が加わって美味しいのよ〜。ごん太やわふわうどんの打饂飩、伊勢うどんにちょっと似たところもあってふわ旨です。伊勢うどんの様に、お湯を切った熱々の打饂飩にバターとお醤油、これ、サイコー\(^O^)/


            <本日の因みに>

            千葉県産落花生

            1枚目の写真で景子ちゃんが持ってる落花生がこちら。
            千葉県産は安心の旨旨さですね。


            <そしてオマケの因みに>

            魚力恵方巻き

            昨日の節分に夕食として頂いた恵方巻きです。
            地元の人気魚屋さんの恵方巻きは、食べる前は特に華やかさはありませんが(それでも、鯛、烏賊、海老、玉子が見えています)、食べ進むと鮪やいくらもたっぷりで豪勢。旨旨でした\(^^@)/


            <本日の因みに夕食は>


            Probe235

            夕方賄いで出したうどんのお出汁が余っていましたので、返しを足してかけお蕎麦に。昆布、椎茸、鰹節のお出汁ってガツンとくるような力業ではありませんが、ほんのりほのぼの旨いナ〜、って言う感じのお出汁で癒やされます。刺激が欲しくなったら自家製のすりだねで旨旨倍増です(*^_^*)





             

            〜〜〜〜〜 お知らせ 〜〜〜〜〜



             

             

            <<クライス・フルート・ソロイスツ公演>>


            Vol.235「ヘンデル・アーベント〜時代を席巻したアーティスト」


            ◆日 時:2020.2/237:00p.m.開演(6:30p.m.開場)
            ◆会 場:スペースDo(JR新大久保駅・大久保駅下車徒歩5分)
                 TEL.03-3361-2211
            ◆入場料:一般¥3,000− 学生¥1,500−
                (未就学児の入場はご遠慮下さい)
            フライヤー両面拡大画像(デザインはReikoさん
            ◆出 演:Fl.上坂 学平野 景子
            ◆お話し:大竹 亮
            Facebook

            ◆Mobile

             ソロイスツ235QR

            ◆プログラム:Webサイト

             ・ヘンデル:トリオソナタ 変ロ長調 Op.5-7/HWV.402(2Fl+Pf)
             ・ヘンデル:フルートと通奏低音の為のソナタ ロ短調 Op.1-9/HWV.367b(Fl+Pf、平野)

             

            −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−


             ・J.S.バッハ:ソナタ ハ短調 BWV.1017(原曲:ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ)
             ・ヘンデル:チェンバロのための組曲第5番 HWV.430(ピアノ独奏、近藤)
             ・ヘンデル:トリオソナタ イ長調 Op.5-1/HWV.396(2Fl+Pf)


            ソロイスツ・フライヤー233-235
             

            ↑ クリック下さい! ↑




             

            ==============================




             

            <<フルートクライス関西・大阪レッスン>>


            ◆フルートの神髄に触れよう!
             フルートクライス・上坂 学 プライベートレッスン in 大阪 Vol.58
            ◆2020年1月25日(土)

             KOKOPLAZA音楽練習室(新大阪駅東口より徒歩5分)
            ◆Vol.57の様子
             こちらからご覧下さい。
            スマホはこちらのQRコードから
             大阪レッスンQR
             

            大阪レッスンロゴ
             

             

            ↑ クリック下さい! ↑


             

            JUGEMテーマ:フルート

            JUGEMテーマ:クラシック音楽

            JUGEMテーマ:音楽教育

            JUGEMテーマ:グルメ

            JUGEMテーマ:ビール

            JUGEMテーマ:うどん


            | 1/23PAGES | >>